• OS

HD革命/CopyDrive Ver.8

ハードディスクやSSDの交換に最適なデータコピーソフトです。ハードディスクやSSDのデータを、OSの設定やインストール済みアプリケーションも含め、丸ごとコピー出来ます。
豊富なオプション(拡大/縮小コピー、GPTディスクへの変換コピー、隠し領域のコピーなど)を搭載し、「容量の大きいハードディスクに交換したい」「高速なSSDに交換したい」「システムドライブとデータドライブを別々にしたい」など、さまざまなニーズに対応できます。

2019年6月14日発売

A6102H3  

税込組価 ¥ 3,190 本体価格 ¥ 2,900

アカデミック

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

画面構成ユーザインターフェース(ディスクの表示やオプション設定など)を見直し、さらに分かりやすく・使いやすくなりました。操作の導線を整理し、複数の画面に分かれていたオプションも1つの画面に集約されています。

(1)コピー元・コピー先の選択

コピー元ディスクとコピー先ディスクを指定します。
(2)オプションの選択

コピー方式やディスクタイプ、その他の設定を選択します。
(3)コピー内容の確認

コピー方式により、サイズの調整やファイルの絞り込み、パーティションの追加を行うことができます。
(4)コピー開始

「開始」ボタンをクリックするとコピーが始まります。コピーの進行状況欄に表示されるメッセージが、より詳細に表示されるようになりました。

コピー元/コピー先・コピー方法・対応環境




インストールしてコピーを行うほか、作成したWindowsPE起動用CD・USBメモリからコンピュータを起動してもコピーが行えます。その場合も、インストールして使用する際と同じ操作画面で利用できます。
WindowsPE起動用CD/USBメモリーから起動した場合、外付けハードディスク・SSDからOSが入っている内蔵ハードディスク・SSDへのコピーもできます。


※自動調整は、コピー元とコピー先の比率を計算し自動で空き容量を拡大/縮小します。
※縮小コピー時には使用容量はそのままで自動調整しますが、使用容量とは別に空き容量として500MBの容量が必要です(使用容量+500MBの容量が必要です)。
※コピー元とコピー先ハードディスクのヘッド数が異なる場合、縮小コピーはできません。
※お客様の環境によりコピー時の速度には差異がございます。

ハードディスク/SSDの丸ごとコピーのほか、「システムドライブのみ」「データドライブのみ」など必要なパーティションを選んでコピーすることができます。
システムドライブのみ小さいSSDにコピーして、パソコンのパフォーマンスを上げたり、データドライブだけを大容量の外付けハードディスクにコピーして、さらに多くのデータを保存したりといった運用が可能です。

※コピー先のハードディスク/SSDデータはすべて削除されます。
※コピー元とコピー先のハードディスク/SSDのヘッド数が異なる場合、コピー先のハードディスク/SSDが小さいと指定できません。

OSのアップグレードによって、Cドライブ・回復パーティション・Dドライブ・回復パーティションのように並んでしまったハードディスク/SSDの回復パーティションをまとめて移動・コピーすることで、連続したドライブ(回復パーティション・回復パーティション・Cドライブ・Dドライブ)として移行することが可能となりました。これにより、システムドライブのサイズ変更ができないといった 問題が解消され、ハードディスク/SSDを有効活用できます。


※回復パーティションが移動できるのはGPT ディスクのみとなります。MBR ディスクは移動できません。
※Microsoft 標準のパーティションID を持つ回復パーティションのみ移動することができます。コンピューターメーカーが独自に作成した、異なるID を持つ回復パーティションは移動できません。
※システムドライブの後方にある回復パーティションである必要があります。また、先頭に移動するため、システムドライブより前にある回復パーティションは後方にずれることになります。
※コンピュータによっては、回復パーティションを移動してしまうとリカバリーができなくなる可能性がありますので注意してください。

ハードディスク/SSDの複製(まったく同じIDのハードディスク/SSD)を作成する「ディスクコピー(デッドコピー)が可能です。またハードディスク全体をイメージファイルとして出力したり、作成したイメージファイルから復元を行うこともできます。

ディスククローンツールの使い方

「ディスククローンツール」はハードディスク/SSDの複製目的で使用します。
例えば、あるハードディスク/SSDのクローンイメージを作成し、これをマスターとして複数台のハードディスクやSSDに展開するような使用方法です。

【注意】
交換目的で使用する場合は「ディスククローンツール」は使用しないでください。
「ディスククローンツール」を交換目的で使用した場合、コピー元とコピー先を同じパソコンに接続するとWindowsが起動できなくなる場合があります。

◆さらに詳しく → https://www.function-fc.com/copydrive8.html

商品詳細
動作環境

Windows 7 SP1/8.1 Update/10 October 2018 Update バージョン1809(32bit, 64bit)日本語版/HD空き容量:150MB以上(別途コピーを行うためのディスクが必要)/RAM:32bit 2GB以上、64bit 4GB以上
※Windows サーバーOS、Windows RTには非対応
※アドミニストレーター権限(管理者権限)が必要
※インストールにはCD-ROMドライブが必要(起動用CDの作成には、書き込みに対応したドライブが必要)
※起動用USBメモリの作成には、1GB以上のUSBメモリが必要
※動作環境の詳細:https://www.function-fc.com/copydrive8.html#page11

●ハードディスク/SSDの交換に最適●リサイズコピー時の高速化を実現●拡大・縮小コピー機能搭載●コピー時のパーティションサイズ変更が可能●ファイルの絞り込み機能搭載●コピーしたいパーティションを選んでコピー●MBR⇔GPTディスク変換コピー機能●Windows PE 起動用ディスク(CD/USBメモリー)作成機能搭載

【インストール条件・購入条件】
●1台のPCのみインストール可能

販売元: ファンクション
URL:https://www.function-fc.com/

関連記事・情報
◆機能一覧はこちら(メーカーサイト)

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC