• OS OS

Finale 26(フィナーレ)

ピアノ譜からオーケストラ・スコア、タブ譜、パーカッション譜、和楽器や現代音楽まで、およそ楽譜として想像しうるいかなるジャンルの楽譜でも柔軟に記譜することが出来る楽譜作成・再生ソフトです。

2019年4月3日発売
「Finale 26 ガイドブック付」2019年4月26日発売

M7M001P  

税込組価 ¥ 38,500 本体価格 ¥ 35,000

アカデミック

ご注文・問合せ


M7M001Q  ガイドブック付

税込組価 ¥ 40,537 本体価格 ¥ 36,852

アカデミック

ご注文・問合せ


M7M001R  マルチライセンス 5本以上(1本あたり)

税込組価 ¥ 19,800 本体価格 ¥ 18,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

歓声は美しい楽譜から


ジャンルを問わずあらゆる種類の楽譜を柔軟に記譜し、印刷することができる『Finale(フィナーレ)』は、「楽譜を作りたい」というすべての皆様のニーズに応え、出版や演奏など各シーンに最適な楽譜はもちろん、現代音楽やコード譜、タブ譜、教育用の楽譜など、あらゆる種類の楽譜をスマートに美しく作成することができます。
最新のFinale version 26では、アーティキュレーションの積み重ね配置や位置調整を自動化、符尾の反転にアーティキュレーションが自動追従、コード・ネーム/発想記号/変形図形のライブラリが拡張、各フォント用コード・サフィックス・ライブラリの革新によりコード記号の拡充、パフォーマンスの向上、Retinaサポートの向上、多くの新しいテンプレートなど、 正にメジャー・バージョンアップに相応しい仕上がりとなっています。

わかりやすい

「楽譜を設定する」「記譜用フォントを選択する」「テンプレートを使用する」 いずれも画面上の指示に従うだけの操作で、簡単に使い始めることができます。

音符を入力

MIDIキーボードやパソコンキーボード、マウスの組み合わせにより、さまざまな方法で入力することができます。パソコンキーボードの各キーを音楽記号に当てはめたFinaleならではの「高速ステップ入力」はプロ音楽家にも高い評価を得ています。

記号や歌詞などを追加

Finaleでは歌詞、ギターのタブ譜、コード、その他の入力プロセスが自動化、省力化されています。

編集ツール

Finaleの便利な編集ツールを使えば、簡単に楽譜を仕上げることができます。例えば、選択ツール、複数ページの編集機能、スコア・マネージャー、直観的なカット/コピー/ペーストのオプションなどが役立ちます。

楽譜を再生

付属する世界レベルのインストゥルメントライブラリ、外部のサウンドライブラリへの対応に加え、数々の革新的なツールによって、Finaleは楽譜の外観だけでなくサウンドも優れています。

楽譜を共有

印刷したページやオーディオファイルのほか、最新版のFinaleでは楽譜作成ソフト共通のファイルフォーマットであるMusicXMLとの互換性も向上しました。

教育用ツール

SmartMusicのサポートやカスタマイズ可能な音楽教育用ワークシート、トレーニング・ウィザードなどの独自の機能によって、音楽の指導者の貴重な時間を節約します。

作曲/編曲時間を節減

独自のアイデアが生まれる機能、移調や音域チェックなどの必須ツール、リンクしたパート譜など時間節減に役立つツール。これらすべてが揃っています。

プロダクション/シーケンス・ツール

Finaleに搭載されているReWire機能により、サードパーティ製DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)との連携も可能です。

仕上げ

ページの印刷に関するあらゆる設定が可能です。

主な新機能

アーティキュレーションの積み重ね配置を自動で


単一音符に割り付ける複数のアーティキュレーションが、自動的に積み重ねて配置されるようになりました。積み重ねたアーティキュレーションからどれか1つを外すと、残りのアーティキュレーションは自動的に再配置されます。外したアーティキュレーションを元に戻せば、手動調整を維持しながら再び積み重ねて配置されます。積み重ね順はお好みに応じて設定可能で、また特定の記号、箇所ごとに本機能のON/OFF切り替えも可能です。

スラーとアーティキュレーションの位置調整を自動で


スラーの配置と輪郭に応じて、アーティキュレーションが自動調整されるようになりました。新しくなった〔スラー詳細設定〕ダイアログボックスでは、スラーとアーティキュレーションの間の最小距離を設定できます。

符尾の反転にアーティキュレーションが自動追従


アーティキュレーションを反転させるには、ショートカットキーのF、新設の〔アーティキュレーション〕メニュー、またはコンテクストメニューを使います。音符の符尾を反転させると、積み重ねて配置されたアーティキュレーション(手動の位置調整を含む)は自動的に音符の反対側に移動します。
また、アーティキュレーションを符尾側に付ける場合、お好みにより符尾を基準にして中央揃えすることも可能です。(下の図では、スタッカートが符尾の中心に自動的に再配置されることにご注目下さい。)

トレモロ記号に符尾が自動伸縮


音符にトレモロを割り付けたとき、旗と連符に衝突しないように符尾の長さが自動で調整されます。

ライブラリの拡張


コード・ネーム、発想記号、変形図形のライブラリが新しくなり、これに伴い楽譜書式、テンプレート、デフォルトの新規ファイルがアップデートされました。(下図は強弱記号の例)

コード・サフィックスの刷新と拡張


各フォント用のコード・サフィックス・ライブラリが新しくなり、一般に使われるコード記号が増えました。さらに、日本語版の初期設定ファイルではコード・ネーム全体に大きめのフォントを採用し、演奏現場での読み易さを追求しました。

◆さらに詳しく → https://www.finalemusic.jp/products/finale/

商品詳細
動作環境

《Win》Windows 7 SP1/8/8.1/10(64bit)/HD空き容量:1GB以上(Garritan Instruments使用時はさらに8GB以上必要)/RAM:4GB以上
《Mac》macOS 10.12〜10.14/HD空き容量:1GB以上(Garritan Instruments使用時はさらに8GB以上必要)/RAM:4GB以上
※モニタ:1280×800以上
※インターネット接続環境
※動作環境の詳細:https://www.finalemusic.jp/products/finale/requirement.php

●小節の移動や調号の変更などの編集を一瞬で行い、さまざまな要素の記譜、編曲、仕上げ、印刷が可能●自動的にドラムグルーヴをつけたり、演奏可能音域を超えているときに通知したりするなど、創作活動をアシストする数々の機能を装備●MIDIキーボードやコンピューターのキーボード・マウスを使って音符を入力したり、MIDIやMusicXMLなどさまざまな種類のファイルをインポート●世界に認められた選りすぐりの楽器サウンドを再生可能(Garritan Personal Orchestra、Jazz & Big Band、Concert & Marching Band、World Instrumentおよびスタンウェイ社公認のSteinway libraries、Tapspace Virtual Drumlineのサウンドを搭載)●MIDIキーボードやマウスで音符を入力した場合に、Finale独自のHuman Playback機能によって、生演奏のように感情豊かでフレージングを踏まえた、ニュアンスに富んだ演奏が実現●ガイドブック付きには、Finaleの総合的な解説書「Finale version26実用全ガイド(B5判/504ページ)」が付属

【インストール条件・購入条件】
【共通】インストール後30日以内にライセンス認証を行う必要あり●【シングル】ユーザ1人の使用に限り、個人所有のPC2台までインストール可能●購入後、1週間以内にWebでアカデミック版使用申請が必要●【マルチライセンス】購入時は申請書が必要●教育機関購入のみ、個人購入は不可

販売元: エムアイセブンジャパン
URL:https://www.finalemusic.jp/

関連記事・情報
◆バージョン別機能比較表はこちら(メーカーサイト)

◆アカデミック版のご利用には、ご購入後にWebでのアカデミック版使用申請のお手続きが必要です。
◆マルチライセンスは、教育機関法人名義でご購入いただく必要があります。

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC