• OS OS OS OS

TreeAge Pro 2019

意思決定分析・決定木ソフトです。状態遷移図の作成、状態遷移図をマルコフモデルへ、マルコフモデルから状態遷移図への変換が可能です。ユーザエクスペリエンスの改良により、最も一般的に使用されているモデリングツールと分析を強調した単純化されたレイアウトが表示されるなど、従来よりも効率的に作業することができます。

2019年1月9日発売

  • 英語版
Icon os w Icon os m Icon os l 01100123  Core-DL

税込参考組価 ¥ 199,800 本体価格 ¥ 185,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら

Icon os w Icon os m Icon os l 01100124  Healthcare-DL

税込参考組価 ¥ 199,800 本体価格 ¥ 185,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

ビジュアルモデリングツール


視覚的なツリーダイアグラムエディタ(Tree Diagram Editor)を使用すると、調査中の問題を表すためのモデル構造を簡単に作成できます。モデル構造には、決定点と発生する可能性のあるすべてのイベントが含まれます。構造内のさまざまなノードタイプは、分岐が代替オプションなのか、それとも可能なイベントなのかを反映しています。
モデル構造内の任意の場所にノードを挿入します。 モデル内の個々のノードまたはサブツリーをコピーまたは移動します。 モデルの繰り返しセクションを複製して、モデル作成時間を短縮し、モデル内の一貫性を確保します。

戦略の評価と比較


モデルが完成すると、TreeAge Proはモデルの評価と最適な戦略の選択に必要なアルゴリズムを自動的に生成します。これにより、モデルの評価に必要な計算ではなく、当面の問題に集中することができます。
ツリーの設定は、最大、最小、費用対効果、多属性、費用対効果(Healthcare Moduleが必要)の中から、比較方法を制御します。モデルは価値のために複数の測定基準を格納することもできます。それから、単にアクティブメトリックを変更し、同じモデルを再分析します。上記のモデルをRoll Backを使用して分析すると、すべてのノードで期待値(EV)が計算されます。決定ノードでは、最大値が最適戦略として選択されます。

不確実性を研究


TreeAge Proを使用すると、モデルの入力の不確かさが、その出力を介して引き出すことができる結論にどのような影響を与えるかを研究できます。
個々のパラメータの不確実性を調べるためには、パラメータを変数で表す必要があります。その場合、変数は単一点推定を使用するのではなく、不確実性の範囲にわたって分析できます。

感度分析を使用してモデルを評価し、不確実性を調べることができます。たとえば、次の分析では、pWin変数の範囲を0.5から0.7の範囲で4つの間隔で使用します。この分析は、pWin値0.5、0.55、0.6、0.65、および0.7でモデルを再評価してから、パラメータ範囲に基づいて各戦略のEVを示します。

Helthcare Module

ヘルスケアモデル


Healthcare Moduleを使用すると、費用対効果、および単一の尺度としての費用または有効性のいずれかに基づいて評価されるツリーを作成できます。
ヘルスケアモデルは通常、特定の健康状態に対する各治療選択肢のための分岐を有する決定ノードから始まります。各治療オプションのサブツリーは、治療中の状況に応じて、考えられる結果をいくつでも含みます。以下に示すモデルは、特定の腫瘍を治療するための2つの戦略を含みます。

費用対効果分析


モデルが完成すると、TreeAge Proはモデルの評価と最適な戦略の選択に必要なアルゴリズムを自動的に生成します。
標準的なアルゴリズムは、その確率に基づいて戦略内の各可能な結果に重みを付けます。 加重平均を平均すると、各戦略の全体的な期待値が得られます。
TreeAge ProのHealthcare Moduleでは、費用対効果の増分比率および/または正味の利益を介して、費用対効果に基づいて戦略を比較できます。コストまたは比較効果(CER)のみに基づいて、同じモデル内の戦略を比較することもできます。感染症、死亡などの非標準的な測定値も使用できます。

費用対効果分析は、CE frontierに基づく戦略を比較します。

このモデルで優勢な戦略があった場合、それらはCEフロンティアの上および左側に表示されます。ランキングレポートには、増分費用対効果比(ICER)を含む戦略を比較した数値計算が表示されます。

マルコフモデルの評価


Markov Cohort Analysisは、各状態と遷移からの値のサイクルごとの累積を提供します。

これらの遷移と計算を確認することは、モデルが設計どおりに機能しているかどうかを検証する際に役立つツールです。この費用対効果モデルでは、最後のサイクル後の全体の累積費用と有効性の値がマルコフモデルの全体的なEVになります。
Markov Cohort Analysisは、サイクルごとの状態間のコホートの分布およびサイクルごとの価値の累積を示すグラフへのアクセスを提供します。そのようなグラフの1つが、以下に示す生存曲線です。

TreeAge Pro Module TreeAge Pro
Core
TreeAge Pro
Healthcare
Core Functions
 Model building and analysis tools
Healthcare Module
 Cost-effectiveness, Markov, DES
 
Excel Module
 Communicate with Excel
商品詳細
動作環境

《Win》CPU:2GHz以上/Windows XP/Vista/7/8/8.1/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:2GB以上/RAM:4GB以上
《Mac》Intel Core 2 Duo以上(64bit)/OS X 10.6~macOS 10.14/HD空き容量:2GB以上/RAM:4GB以上
《Linux》Linux(32bit, 64bit)/HD空き容量:2GB以上/RAM:4GB以上
※Excelアドイン用として、別途Excelが必要
※TreeAge ProとExcelは同じbit版を使用(例:64bit版 TreeAge Pro + 64bit版 Excel)
※Java 最新版がインストールされている必要あり

●Core:TreeAge Pro CoreとモデルとExcelをリンクするためのExcelモジュールのセット●クリック一つでマルコフモデルをスタンドアロンエクセルモデルへ変換が可能●確率分布/ヒストグラムの改善●NMB vs. WTP グラフの改善●MacへのExcel add-inならびにBilinks機能●18種のカスタマイズ可能な標本分布グラフ、単一、あるいは相対的な確率分布グラフ、ロールバック情報を持つディシジョンツリー作成が可能●TreeAge ProからPythonへの接続が可能●Debugging TraceとMicrosimulation Reportingの改良●Healthcare:TreeAge Pro CoreとExcelモジュールに加え、マルコフプロセスや有効性比較と費用効果分析、その他医療関係の決定モデルでの重要な機能を追加し、TreeAge Proと統合できるHealthcareモジュールが含まれた統合版●マイクロシミュレーション用タイムレポートの作成機能およびマルコフモデルからDESモデルへの変換機能搭載(Healthcareのみ/変換後の追加処理が若干必要)●ダウンロード製品●サイトライセンス/学部・授業用ネットワークライセンスあり●インストールサポート(日本語)と1年間のメーカー保守(無償アップデートの提供および英語での技術サポート)付き

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、1台のPCにインストール可能●メーカー保守:2年目以降は任意で購入可能●新規ライセンス購入時に複数年分の保守・技術サポートの購入可能(別途お問い合わせ)●個人的に使用する場合や教育機関に関係のない研究等に使用する場合は、教育機関に所属されていても通常版を購入する必要あり●Healthcare:アカデミック版のため、購入時に教育機関発行のメールアドレスが必要●Core:アカデミック/政府機関/非営利団体版のため、購入時に教育機関または政府機関・非営利団体発行のメールアドレスが必要

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆「TreeAge Pro Core」と「TreeAge Pro Healthcare」の違いについて(メーカーサイト:英語)

【医療関連に携わるお客様へ】


メーカー(TreeAge Software, Inc.)では、通常、医療関連に携わるユーザ様へは、Healthcareモジュールの入った「Healthcare」の購入をお勧めしています。
下記3項目のいずれかに当てはまる場合は、Healthcareモジュールの入った「Healthcare」の購入をご検討ください。


 1. TreeAge Softwareを費用対効果に使用
 2. TreeAge Softwareを相対的有効性に使用
 3. マルコフプロセス、および、マルコフモデルを必要とする場合

各モジュールの機能の違いについては、メーカーホームページをご参照ください。

注)医療関連に携わるユーザ様でも、Healthcareモジュールが含まれていない製品「Core」の購入も可能ですが、ご購入の際は、Healthcareモジュールに含まれているマルコフモデル、費用対効果分析、相対的有効性機能は含まれていない事をあらかじめ了承する旨記載したメーカー所定の承諾書の提出が必要です。
※本製品の返品とアップグレードはできかねます。ご注文の際はご注意くださいますようお願い致します。

TreeAge Proのアップデートについて

「現在有効な年間ライセンスをお持ちのお客様」または「永久ライセンスをお持ちで、かつ有効なメンテナンスプランをお持ちのお客様」は、無償で新バージョンにアップデートできます。

アップデート方法(アップデート対象の方のみ)

 1)メーカーサイト(英語)にアクセスします。
  http://www.treeage.com/support/existing-license-installationrenewal/
 2)お持ちの製品のシリアル番号(Serial Number)を入力し、Searchボタンをクリックします。
 ※ この画面でアップデート対象かどうかの確認も可能です。
 3)画面をスクロールダウンし、ご利用されているOS用のインストーラーを選択して実行してください。


▶無償アップグレード対象外のお客様

無償アップグレード対象外のお客様で、TreeAge Pro 2019へアップグレードをご希望の場合は、お名前、Eメールアドレス、お持ちのシリアル番号を添えて、販売元:JUCA, Inc. にお問合せください。

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC