• OS OS OS

Stella Architect v3.5

システムダイナミクスを利用した汎用モデリングシミュレーションおよび思考支援ツールです。時系列に変化するシステム(ダイナミックシステム)を数式モデルとして表現し、視覚モデルを作成、シミュレーションを行い、問題解決策を分析することができます。方程式のエラー修正の簡素化や検索ウィンドウの制御の改善をはじめ、モデルレイヤーとインターフェースレイヤーの両方に多くの改良とアップグレードが行われています。

2022年11月17日発売(v3.2)
2023年3月15日発売(v3.3)
2023年7月19日発売(v3.4)
2023年10月12日発売(v3.5)

  • 英語版
04900196  1年間メーカー保守付き

税込参考組価 ¥ 149,600 本体価格 ¥ 136,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


04900197  保守なし

税込参考組価 ¥ 29,700 本体価格 ¥ 27,000

学生

申請書


最新の価格はこちら


04900198  使用期限:6ヶ月(保守なし)

税込参考組価 ¥ 16,500 本体価格 ¥ 15,000

学生

申請書


最新の価格はこちら


04900200  Lab Pack 5-14ライセンス(1本あたり)/1年間メーカー保守付き

税込参考組価 ¥ 35,200 本体価格 ¥ 32,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

教育現場において、Stellaは数学、生物学、解剖学、経済学、生態学、気候変動、化学などのトピックを教えるために使用されています。体系的に考え、より深い理解を得て、より良い決定を下すことを生徒に教えます。Stellaを使用すると、学生はシステムをマッピングしてシミュレートできます。インターフェースレイヤーに配置したノブ、スイッチ、スライダー、ボタン、およびその他の入力デバイスを使用して変数を変更し、シナリオを実行することで、リスクのない実験を行うことができます。プロジェクトで共同作業または個別に作業することで、実践的な探索と学習が可能になります。結果は表やグラフですぐに確認できます。

アセンブリ(Assemblies)

アセンブリは、モデリングプロセスを簡素化する、事前に作成されたモデル構造です。
アセンブリでは、人工知能が数式と単位を提案するため、モデリングから面倒な数学が不要になり、数分で実行可能なモデルを構築できます。 アセンブリは、システムのニーズに合わせて完全に編集可能です。 後で使用するために独自のものを作成することもできます。

魅力的なモデルベースのアプリを作る

Stella Architectは、プロフェッショナルなシミュレーションとプレゼンテーションを作成するための決定的なモデリング ツールです。 モデルをシームレスに作成、設計、公開して、いつでも、どこでも、誰とでも共有できます。

説得力のあるインターフェースの設計

Stella Architectを使用すると、モデルの概念を明確に説明し、ユーザーがさまざまな仮定を検討して時間の経過とともに結果を確認できるよう、Stellaモデル上に豊富なフライト シミュレーターと学習環境を構築できます。

あなたの洞察を世界と共有しましょう

Stella Architectインターフェースは、Web、デスクトップ、モバイルデバイスに公開できます。 クリックするだけで最新のWebブラウザを使用して、任意のデバイスのどこからでもシミュレーションに参加できます。

積み上げ棒グラフ


Causal Lens


感度シミュレーション


Vertical nav control


原因と用途


モデル比較


versatile graph container


オンラインヘルプ


STELLA
Architect
STELLA
Professional
STELLA
Designer
Multimethod modeling (SD,DES,Agents)
Drag and Drop Model Building
Drag and Drop Interface Building
Causal Lens
Stella Live Analytics
Loops That Matter
Results Explorer
Individual Parameter Control
Monte Carlo and Sensitivity Analyis
Arrays
Modules with Partial Simulation
Cycle time
Highlighting Constrained Flows
Graphical and Tabular Simulation Results
Saved Runs Archive
Dynamic Data Import/Export (Excel/CSV)
Model-Generated User Events/Actions
XMILE File Format
Opening of Vensim Models
Design Engaging Interfaces for Model Presentation
Storytelling with Partial Model Simulation
Multiple Input Control Types (sliders/knobs/switches/numeric)
Master Design Templates
User-Customization and Embedding
WYSIWYG Pubishing to the Web
Scalable to Large Numbers of Web Users
1-Year of Technical Support
1-Year of Product Updates
* Support contracts need to be renewed annually
* Free product updates include updates to major version numbers (v1.0 to v1.1) while support contract is active
【製品概要(動画:英語)】
【インターフェースの設計(動画:英語)】
【コンテンツの作成(動画:英語)】
【マルチプレイヤーシミュレーションの構築】
【Assemblies(動画:英語)】
【Suggested Completions(動画:英語)】
STELLA
Architect
STELLA
Professional
STELLA
Designer
モデル作成機能
インターフェース作成機能
(プレゼンテーション・Web掲載用)

主な新機能


新しい感度機能

感度実行では、ペイオフ値に基づいて実行を終了および却下する基準を設定できるようになりました。
これにより、たとえば、過去の動作と特に一致するすべての実行の未来の動作を調査できます。 一致しない実行は、報告される実行の最終セットには含まれません。
基準は、[Sensitivity Specs] パネルからアクセスできる [Sensitivity Termination Criteria] ダイアログで設定します。 感度の実行を設定する場合、複数の感度パラメータを一度に追加するのも、とても簡単です。 以下で説明するように、[Find] ウィンドウ上の新しい複数選択機能を使用すると、さまざまなパラメータをまとめて追加できます。
複数のパラメータを追加する場合、「Multiple Range Specification」ダイアログが開き、基本パラメータ値の比率として最小値と最大値を指定できます。 感度パラメータを連続的にサンプリングする新しい感度方法もあります。 これは、多数のパラメータをすばやく調べて、どれが単独で大きな影響を与えるかを確認するのに役立ちます([Sensitivity Specs] パネルで設定します)。

感度と最適化のための複数の選択

感度または最適化仕様に変数を追加するときに、複数の変数を選択して一度に追加できるようになりました。複数選択がサポートされている場合は [OK]ボタンと [Cancel]ボタンがある [Find]ウィンドウで実行されます。
配列変数を選択すると、使用する配列要素を選択できるようになります。

配列の一部分の制御

変数の制御に加えて、変数の一部分を制御できるようになりました。
これは、すべての要素にデフォルト値を設定してから、特定の要素を他の値で上書きする場合に便利な機能です。これを行うには、 * [Choose Subscript]ダイアログボックス内の適切な位置を使用します。
配列の切り取りは、インターフェイス上の任意のコントロール(割り当て入力を除く)およびモデルのParameterコントロールパネルでも使用できます。 特定の要素コントロールが優先されます。

インターフェースページでサムネイルを非表示

「Preferences」ダイアログに、「Interface Settings Properties」パネルでサムネイルを非表示にするオプションが追加されました。
サムネイルの代わりにページ名だけが表示されます。これにより、多数のページを含まれるインターフェースの操作が簡素化されます。

Parameterコントロールウィンドウのインポートのフィルタリング

Parameterコントロールパネルに、インポートされた変数をフィルタリングして除外するオプションが追加されました。
これにより、どのモデル変数がStella Live、インターフェース、最適化を使用してまたはパネル自体から直接制御されているかを簡単に確認できるようになります。

新機能について詳しく https://www.iseesystems.com/store/products/feature-updates.aspx

商品詳細
動作環境

《Win》Windows 10以上(64bit)
《Mac》macOS 10.14以上

●モデリング・分析の「Stella Professional」と、インターフェース作成・Web掲載機能の「Stella Designer」2つのコンポ―ネントで構成●ヘルスケアデリバリー、エナジーサークル、エコシステム、ビジネスシステム、交通機関といったシステムのシミュレーションが可能なシステムダイアグラムを作成する、インタラクティブツール●環境科学、医療、医学、経済学、経営学、生態学、心理学、化学、歴史学、物理学など、さまざまなフィールドでの使用に最適●時系列に変化するシステム(ダイナミックシステム)を数式モデルとして表現し、ストック、フロー、コンバータ、コネクタの4つの要素を用いて視覚モデルを作成、シミュレーションを行い、問題解決策を分析●シミュレーション結果はグラフ、テーブル、アニメーション、QuickTimeムービー、およびファイルにて表示可能●Excelとのダイナミックデータのインポート/エクスポート可能●HTML5ベースのデザインツールで簡単にあらゆるデバイスでのモデルのWeb掲載が可能●オープンソースのXMILE標準のモデル言語を採用し、Stella Live、Causal Lens等、モデリング中のモデル分析機能も充実●Unicode(ユニコード)で日本語を含む多言語に対応(メニューやダイアログやHELPは英語表記)●インストールサポート(日本語)と1年間のメーカー保守付き●1年間保守の内容:メーカー(isee systems)でのテクニカルサポート(英語)とパッチ・アップデートを無償提供(2年目以降は有償で更新可能)●複数本同時購入割引あり●ダウンロード製品

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、2台までのPCにインストール可能(同時起動可)●アカデミック版は教育機関発行のIDまたはメールアドレスの提示が必要●Lab Packは最低5本から(アカデミックライセンスが必要)で、大学所有のPCにのみインストール可能(使用は学生限定)●学部生/修士課程(Master Course/博士課程前期)在籍:学生版は学生証コピーと教育機関発行のメールアドレスが必要●博士課程(PhD course)/博士後期課程在籍:学生版は学生証のコピーと教育機関発行のメールアドレスに加え、担当教官がお持ちの現行バージョンのSTELLAアカデミック版(Faculty/PhD License)のレジストレーション番号の提示が必要 ※学生版の購入条件に関しては、必ず、https://www.academic-soft.com/detail.php?id=4123 を参照のこと

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆トライアル版はこちら(メーカーサイト)
◆【ウェビナー】COVID-19パンデミックを理解するのに役立つモデルほか(メーカーサイト)
◆サンプルモデルはこちら(メーカーサイト)
◆チュートリアルはこちら(メーカーサイト)
◆ライセンス許諾についてはこちら(メーカーサイト:英文)
◆モデル作成だけなら → 「STELLA Professional」
◆インターフェース作成だけなら → 「Stella Designer」(モデル作成はできません)

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC