• OS OS OS

MAXQDA サブスクリプション

日本語、英語を含む多言語に対応する質的、量的、および混合研究法によるデータ分析ソフトです。MAXQDAを使うことにより、インタビュー、フォーカスグループ、オンライン調査、ウェブページ、画像、音声や動画ファイルのデータを簡単にインポートして分析することができます。WindowsとMacで同じ機能を利用できます。サブスクリプションライセンスです。

「MAXQDA 2022」2021年11月25日発売
2022年4月11日価格変更
2022年7月2日価格変更
永続ライセンスはこちら ▶MAXQDA 2022

01900237  Standard シングルライセンス(利用期間:1年)

税込参考組価 ¥ 32,890 本体価格 ¥ 29,900

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


01900240  Plus シングルライセンス(利用期間:1年)

税込参考組価 ¥ 35,200 本体価格 ¥ 32,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


01900243  Analytics Pro シングルライセンス(利用期間:1年)

税込参考組価 ¥ 39,600 本体価格 ¥ 36,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


01900233  Plus 6ヶ月ライセンス(DL)

税込参考組価 ¥ 8,910 本体価格 ¥ 8,100

学生

申請書


最新の価格はこちら


※ シングルライセンス

01900234  Plus 24ヶ月ライセンス(DL)

税込参考組価 ¥ 17,380 本体価格 ¥ 15,800

学生

申請書


最新の価格はこちら


※ シングルライセンス

01900235  Analytics Pro 6ヶ月ライセンス(DL)

税込参考組価 ¥ 9,900 本体価格 ¥ 9,000

学生

申請書


最新の価格はこちら


※ シングルライセンス

01900236  Analytics Pro 24ヶ月ライセンス(DL)

税込参考組価 ¥ 19,580 本体価格 ¥ 17,800

学生

申請書


最新の価格はこちら


※ シングルライセンス

価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

各エディションの内容



詳しいエディションの比較表はこちら(英語) → https://www.maxqda.com/products

「MAXQDA」とは


定性的および混合メソッドの研究向けのソフトウェアパッケージです。
テキストから画像、音声/動画ファイル、Webサイト、ツイート、フォーカスグループディスカッション、調査回答など、あらゆる種類のデータを分析します。
研究者によって研究者向けに開発されたMAXQDAは、使いやすいだけでなく、WindowsとMacで100%同一の機能を備えているQDAソフトウェアです。


インターフェース

多種多様なデータ形式


MAXQDAを使用して、研究プロジェクト全体を管理します。インタビュー、フォーカスグループ、オンラインアンケート、Webページ、画像、音声や動画ファイル、スプレッドシート、書誌データ、YouTubeのコメントやTwitterのツイートからも簡単にデータをインポートできます。
データをグループにわけたり、関連した引用を相互にリンクし、チームメンバーと作業を共有および比較します。プロジェクトは常に柔軟性があり、研究と同様にコードシステムを拡張または改良できます。

コードと収集


データ内の重要な情報には、通常のコード、色、シンボル、顔文字を組み合わせて、データ内の重要な情報をさまざまなコードで強調できます。考え方や理論をメモに記入し、プロジェクト内のどの要素でも貼り付け可能です。コード分けした箇所を素早くかつ効率的に収集し、強力な検索ツールである自動コーディングオプションも合わせて使用するとにより、さらに便利になります。

メモ


良いアイデアはデータを読解したりコーディングしている時に思い浮かぶことがよくあります。メモはそのアイデアを記録しておくのに最適です。11の異なるアイコンを選択してメモにマークすることができます。独自のMAXQDAメモマネージャと語彙検索機能により、いつでもすべてのメモに即座にアクセスできます。メモは、監査証跡や自分自身の言葉で言い換えた文を作成するのにも適しています。

メディアの分析と文字起こし


音声・動画ファイルを文字起こしする必要なく、直接コーディングできます。書かれたテキストを分析するためのメディアの文字起こしにも使用できます。MAXQDAの文字起こしの機能では、音声と動画ファイルの速度と音量が変更でき、フットペダルを使用することで効率よく文字起こしができるようになっています。メディアクリップはMAXQDAで他のセグメントと同じように扱われます。これらのセグメントへのコード化、検索、コメント付けや重み付けは他のセグメントと同様に行うことができます。

混合法のエキスパート


プロジェクトに量的分析やデータを融和させることができます。質的分析の結果を定量化した結果や統計頻度の計算結果を質的なデータに結びつけることができます。MAXQDA Plus以上のエディションにはアドオンモジュールである量的テキスト分析機能のMAXDictioが搭載されており、これにより単語やテキスト内容を量的に分析できます。

任意の言語で作業


MAXQDAは、さまざまな言語で動作する環境を提供します。ユーザーインターフェースが(日本語を含めて)10以上の言語で使用できるだけでなく、分析を世界中の言語で実行できます。 MAXQDAはUnicodeをサポートしていますので、任意のスクリプトおよび言語のドキュメントをインポートおよび分析できます。
スタートガイドもさまざまな言語で利用できます。

MAXDictio (Plus/Analytics Pro)



MAXDictioを使用すると、日本語のテキストを分析し、複数のストップリストとゴーリストを簡単に管理します。
関心のある素材ごとにタグクラウドをすばやく作成できます。クリックしてドキュメントブラウザの元の文章にジャンプしたり、結果を度数分布表から辞書にドラッグアンドドロップできます。また、新しいコードまたは既存のコードを使用して検索結果をコーディングし、好きなだけ単語、文、または段落にコンテキストを含めることもできます。さらに、結果をExcelまたはHTMLファイルとしてエクスポートすることも可能です。


Statsモジュール (Analytics Pro)


統計分析は、WindowsおよびMac向けのデスクトップベースの定性調査に適合しています。
MAXQDA Analytics Proは、統計分析のための幅広いツールを備えています。質的データをシームレスに量的解析することで分析結果の信頼性を高め、さらに、ExcelやSPSSなどからデータセットを読み込んで研究質的分析、混合分析手法、量的研究のすべてを一つのパッケージで実行できます。

MAXQDA 2022 主な新機能



質問–テーマ–理論(QTT)


QTT(Questions–Themes–Theories)は、コーディング後の分析フェーズをサポートする新しく革新的なワークスペースです。関連する洞察を収集し、新しい理論を開発するのに最適な場所を提供します。
関連するすべてのコード、メモ、可視化されたデータを収集するためのワークシートを作成します。結果をトピックごとに整理し、結論を追加します。最終的に、1つの調査質問について収集した洞察を、適切に構成されたレポートの形で出力します。

ワードエクスプローラ


新しいダッシュボードには、プロジェクトで単語やフレーズが使用されている場所、頻度、コンテキストの概要が表示されます。
各要素はインタラクティブなので、ソースまたは完全な頻度リストはダッシュボードからジャンプして表示できます。

プロファイル比較チャート


関係とパターンを簡単に識別します。 ドキュメント、スピーカー、ドキュメントグループ、またはそのセットを視覚的に比較できます。 コード割り当てと変数値のパターンを調べて、類型を作成します。

テキストの強調表示とコメントをインポート


WordまたはPDFドキュメントの色の強調表示を認識し、強調表示されたパッセージを自動的にコード化するため、MAXQDAでの作業をシームレスに続行できます。また、コメントとコメントスレッドはメモとしてMAXQDAにインポートされ、ドキュメントのすぐ横に表示できます。

コードとドキュメントの概要セクション


データの要約をさらに一歩進め、コードおよびドキュメントレベルで要約関数を導入しました。ケースやトピックの主な側面を簡単に要約し、要約テーブルに直接記述します。

自由形式の質問を分析するための新しいツール


自由形式の質問に対する回答を分析することは、MAXQDAの利点です。新しい回答ワークスペースは、調査データを操作するための強力な機能を提供します。

◆ さらに詳しく(メーカーサイト)

商品詳細
動作環境

《Win》Windows 10/11(64bit)
※.docまたは.odtドキュメントのインポートにはMicrosoft Word 2003以上、.NET3.5以上必須
《Mac》macOS 10.14 〜 macOS 12 Monterey
[共通]CPU:1.6GHz Core 2以上/RAM:4GB以上/解像度:1024×768以上
※ARMプロセッサは動作保証外
※アクティベーションのためにインターネット接続が必要

●日本語、英語を含む10以上の言語にインターフェース切り替え可能(英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、日本語、イタリア語、簡体字中国語、繁体字中国語、ポルトガル語-PT、ポルトガル語-BR、ロシア語、トルコ語、ポーランド語、チェコ語、タイ語)●Unicode対応で多言語の分析可能●Webinars、閲覧・検索のみが可能なMAXReaderおよびデータ収集用MAXApp(iOS、Android用)の無償提供●NVivo、Atlas.ti、EndNoteなどからのデータインポート可能●最上位のMAXQDA Analytics Proは、さまざまな統計解析用ツールを搭載●Win版・Mac版間のプロジェクトファイルトランスファーやiPhone・iPadからMAXQDAへDropboxを通してデータトランスファーも可能●ダウンロード製品

【インストール条件・購入条件】
《シングルライセンス:アカデミック版》●1年間のサブスクリプション●1ライセンスにつき、2台までインストール可能(同時起動不可)●購入時に学校発行のメールアドレスが必要●購入資格:教育機関及びその教職員(学生の購入は不可)●3ライセンス以上同時購入の場合は別途お見積もり   《シングルライセンス:学生版》●6ヶ月および24ヶ月のサブスクリプション●購入時に学校発行のメールアドレスと学生証のコピーと自宅住所での申請が必要(校費購入不可)●1ライセンスにつき1台のマシンにインストール可能(共有不可)/お一人につき1ライセンス購入可能(保有ライセンスの有効期限が切れる1か⽉前から新たに1本購入可)  

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆14日間ご利用できる「体験版」はこちら(メーカーサイト)
◆日本語版Getting Started Guideはこちら(メーカーサイト)
◆永続ライセンスはこちら「MAXQDA 2022」
著者・訳者とも質的研究の第一人者による恰好のガイドブック
質的テキスト分析法 ──基本原理・分析技法・ソフトウェア
 ウド・クカーツ 著/佐藤郁哉 訳(新曜社
 ISBN:978-4-7885-1560-4  本体価格2,900円+税


インタビューや観察、質問表を主とする質的研究では、テキスト=文字のデータや記録が膨大になります。それらを適切に解釈・分析し、良い論文を書くためにはどうすればよいのか、多くの初心者が途方に暮れ、アドバイスを求めています。
本書は、そんな不安と渇望に応える、質的データを体系的に分析するための実践的なガイドブックです。代表的な方法を取り上げ、実際の手順をステップ・バイ・ステップで示しながら懇切に解説しました。

さらに日本語で使えるようになったコンピュータ・ソフトウェアの意義と可能性についても解説されています。


質的テキスト分析法  

【目次】

◆書籍のご注文は、大学生協書籍店頭または「大学生協オンライン書籍注文サイト」で!
 https://online.univ.coop/book/

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC