• OS OS OS OS

SnapGene V6(スナップジーン)

分子生物学のプロシージャの計画・視覚化・ドキュメント化を手助けするソフトです。シームレスな遺伝子融合の作成の他、クローニングのシミュレーション、クローニングプロジェクトの自動記録、多様なファイルフォーマットでのデータExportが可能です。英語または日本語のインターフェースを選択できます。


v6.0 2021年11月30日発売
v6.1 2022年7月12日発売
2022年11月1日価格変更
2022年11月11日価格変更

  • 英語版
42900097  1年間ライセンス(期間内のUpdateプラン付き)

税込参考組価 ¥ 54,780 本体価格 ¥ 49,800

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


42900098  3-seat(1年間ライセンス/期間内のUpdateプラン付き)

税込参考組価 ¥ 128,370 本体価格 ¥ 116,700

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


42900099  10-seat(1年間ライセンス/期間内のUpdateプラン付き)

税込参考組価 ¥ 275,000 本体価格 ¥ 250,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


42900100  永久ライセンス

税込参考組価 ¥ 278,300 本体価格 ¥ 253,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


※Updateプラン(12ヶ月)はありません。ver.6.xxとして提供されるアップデータはすべて提供されます。

価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

より良い手順を設計


クローン作成手順を正確に設計およびシミュレートします。複雑なプロジェクトをテストし、エラーが発生する前にキャッチして、最初から適切な構成を取得します。

プロセスを視覚化


自分が何をしているかがわかると、クローン作成が簡単になります。直感的なインターフェースにより、作業に対する比類のない可視性が提供され、多くの場合複雑なタスクが簡素化されます。

作業を自動的に記録


SnapGeneはシミュレートされた手順を自動文書化します。最終的なプラスミドに至るまでのすべての配列編集およびクローニング手順を参照して共有します。ステップをさかのぼる「元に戻す」機能も搭載されています。

分子クローニングの基礎を超えて


Restriction Cloning



制限酵素を使用してligation用のインサートとベクターを調製する一般的なクローニング技術です。SnapGeneは、Restriction Cloningをシミュレートするためのシンプルなインターフェースを提供します。すでに手順を考えている場合、シミュレーションは数秒で完了します。クローン作成手順に設計上の欠陥がある場合は、エラーをキャッチして修正できます。

Gateway Cloning



プラスミドは、組換えによってDNAフラグメントを挿入するGateway Cloningを使用して、制限酵素なしで構築できます。メソッドのさまざまなバリエーションをシミュレートします。SnapGeneは、プライマーの設計を自動化することにより、Gateway Cloningを簡素化します。Gateway Cloningの手順を計画するには、結合するDNAフラグメントを選択するだけで、適切なプライマーが選択されます。

Gibson Assembly



制限酵素を使用せずにプラスミドにフラグメントを挿入する一般的な方法です。このメソッドをシミュレートするために、SnapGeneは直感的なインターフェースを提供します。SnapGeneは、プライマー設計を自動化することにより、Gibson Assemblyを簡素化します。Gibson Assembly反応を計画するには、結合したいDNAフラグメントを選択するだけで、SnapGeneが適切なプライマーを選択します。

In-Fusion Cloning



SnapGeneは、Clontech社のIn-Fusion Cloningをシミュレートできる最初のソフトウェアで、プライマー設計を⾃動化することで In-Fusion Cloningを簡素化できます。 In-Fusion反応を計画するには、融合するDNAフラグメントを選択するだけで、SnapGeneは適切なプライマーを選定します。

TA & GC Cloning



SnapGeneは、TA CloningおよびGC Cloningをシミュレートするためのシンプルなインターフェースを提供します。さまざまな市販の線形化TAおよびGCクローニングベクターがソフトウェアに組み込まれています。

TOPO Cloning




PCRプロダクツは、vaccinia virus topoisomerase Iが3 'リン酸に共有結合している線形化ベクターを使用して実行されるTOPO Cloningを使用して、高効率でクローニングできます。SnapGeneは、このメソッドの3つの異なるバリエーション「TOPO TA Cloning」「Blunt TOPO Cloning」「Directional TOPO Cloning」をシミュレートします。

NEBuilder HiFi Assembly

NEBuilder HiFi DNA Assemblyは、制限酵素を使用せずに5 '末端と3'末端のミスマッチがある場合でも、実質的にエラーのないDNAフラグメントの結合を可能にします。

プロジェクトの設計を確認し、エラーを防止


プラスミドの特徴を自動的に表示


・SnapGeneの厳選された機能または独自のカスタム機能を使用して、プラスミド上の機能に注釈を付けます。
・酵素部位、特徴、プライマー、ORF、翻訳などをプラスミドマップまたはsequence viewに詳細に表示します。
・柔軟な注釈と視覚化コントロールを使用してマップをカスタマイズします。

アライメントツールでシーケンスを確認


・アライメントのためのReferenceツールを使用して、シーケンスされたコンストラクトがシミュレートされたコンストラクトと一致することを検証します。
・Clustal Omega、MAFFT、MUSCLE、T-Coffeeなど、ペアワイズおよびマルチプルアラインメント用の信頼できるアルゴリズムを使用して配列をアラインメントします。
・CAP3を使用して、Sanger sequencing readsを完全なコンティグにアセンブルします。

Agarose Gel Simulations


・SnapGeneの経験に基づいたゲルシミュレーションアルゴリズムを使用して、ラボで表示される内容を正確に視覚化します。 ・レーン数、アガロース%、実行時間、MWマーカーのフルセットなど、すべてのゲル要素の柔軟な構成。 ・各レーンの詳細なフラグメント情報を使用して、関心のあるバンドを記録および識別します。

自動文書化とデータ交換のための構成


グラフィカルな履歴を自動的に作成


・実験手順とドキュメントへの変更を視覚的に記録
・履歴、マップ、シーケンスビューに履歴の色を表示
・ドキュメントに埋め込まれた完全に復活可能なシーケンス履歴

データの変換と共有


・シーケンス、ファイル、マップを保存、検索、共有、整理
・共有可能なドライブ、サーバー、またはクラウドサービスに保存されているコレクション内のシーケンスと共同で作業
・多くのシーケンス、注釈、その他のメタデータを簡単に読み取ってエクスポート
6.1 主な新機能

Golden Gate Assembly

ゴールデンゲートのプライマーとオーバーハングを自動的に設計できる新しいツールを使用して、ゴールデンゲートアセンブリをシミュレートし、反応の忠実度を最適化して成功の可能性を最大化します。
►ゴールデンゲートアセンブリをシミュレートする方法を学ぶ

RNAの二次構造

Vienna RNAパッケージによって計算された最適な構造を表示する新しい二次構造ビューで、一本鎖RNA配列がどのように折りたたまれるのかを視覚化します。
►二次構造を表示する方法を学ぶ

ダークモード

ダークモードをサポートするようになりました。ダークモードまたはライトモードのOSの設定とデフォルトで一致します。

Export Options

環境設定の新しいエクスポートパネルを使用して、LOCUSフィールド識別子のエクスポートオプションを含むコンテンツのGenBankへの出力方法をカスタマイズします。


Export Option

6.0 主な新機能

酵素部位を追加または削除するためのサイレント変異

制限酵素部位は、サイレント変異によってコード配列に自動的に追加または削除できるようになりました。

ペアワイズおよびマルチプルアラインメントでの機能アノテーション(注釈)

編集可能な機能は、ペアワイズおよびマルチプルアラインメントの両方で完全にサポートされるようになり、Alignment viewまたはnew Features viewのいずれかから追加、編集、および検索できます。

アガロースゲルファイル

アガロースゲルシミュレーションを.gelファイルとして保存できるようになり、ゲルを後で表示および編集したり、他のユーザーと共有可能です。

カスタム機能タイプのサポート

利用可能な機能タイプのセットを拡張して、カスタムタイプ(GenBank以外)を含めることができるようになり、デフォルトの機能の色を変更できるようになりました。

◆新機能についてさらに詳しく-What's New in SnapGene

商品詳細
動作環境

《Win》Intel互換CPU/Windows 10以上(64bit)
《Mac》macOS 10.14以上
《Linux》Ubuntu Linux 20.04以上/RedHat 8.4
[共通]HD空き容量:250MB以上/RAM:1GB以上/ディスプレイ:1440 × 900以上
※ARMプロセッサ用のWindowsおよびLinuxはサポート外
※SnapGene 6.1でApple M1サポート

●Restriction Cloningインターフェースを使用することで、クローニングプロシージャの計画も簡単●デザインフローがある場合は、シミュレーション中にエラー確認し修正●プライマーデザイン後は、そのデザインでPCRや変異原性のシミュレーションも可能●クローニングプロジェクトのステップを自動記録●現実的なアガロースゲルシミュレーション作成に高度なアルゴリズムを使用●ApE、DNASTAR Lasergene、Gene Construction Kit、GenBank、MacVector、Vector NTIなどのフォーマットに対応●SnapGene Viewer(無料)を使用し、ファイルの共有が可能●インストールサポート(日本語)とメーカーによる無償の技術サポート(英語・EMail/電話)付き●1年間ライセンス:期間内のUpdateプラン付き●永久ライセンス:ver.6.xxとして提供されるアップデータは無償で入手可能(include all updates for ver. 6)●ダウンロード製品(お客様に開発元からメールで直接納品)

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき1台のマシンにインストール可能(ライセンスはマシンに帰属)●アカデミック版の購入時は教育機関発行のメールアドレス(開発元:GSL Biotech LLCからお客様に直接メールで納品されるため、実際に使用される方のメールアドレス)が必要

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆まずはお試し!トライアル版はこちら(メーカーサイト)
◆Getting Started with SnapGene(メーカーサイト)
◆FAQはこちら(メーカーサイト)
◆version 6.1リリースノートはこちら(メーカーサイト)

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC