• キャンペーン商品
  • OS OS

Surfer 20 キャンペーン

科学者やエンジニアのための等高線、グリッド、3Dマッピング作成ソフトです。流域マッピング作成、属性データサポート、境界線の編集機能、距離測定ツール、テキストデータを数字化などの機能を搭載しています。データに修正を加えることなくXまたはY軸の方向の反転がボタンクリックで可能です。

2021年1月15日発売
2021年3月30日 店頭受注分まで

  • 英語版
03000090  

税込参考組価 ¥ 75,900 本体価格 ¥ 69,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

キャンペーン情報

科学者やエンジニアのための等高線、グリッド、3Dマッピング作成ソフトSurferの新バージョンが、2020年1月15日に発売になりました。
新バージョンリリースを記念して、特別価格で購入できる期間限定キャンペーンが始まりました。

 【期間】2021年1月15日 〜 2021年3月30日 大学生協受注分まで
 【対象】Surfer 20 新規ライセンス

【ご注意】
※店舗により営業日・営業時間が異なりますので、詳しくはご利用の店舗にお問い合わせください。
※予告なくキャンペーンが終了することがあります。


お得なこの機会をお見逃しなく!
製品特徴

プロフェッショナルなマップを作成


単純な空間データと複雑な空間データの両方を簡単に伝えることができます。 高品質のマップを作成するツールで、同僚やクライアントなど、さまざまな人々にメッセージを明確に伝えることができます。

マップのタイプ
  •  ● Contour
  •  ● Base
  •  ● Post
  •  ● 3D Surface
  •  ● Color Relief
  •  ● Classed Post
  •  ● 3D Wireframe
  •  ● 1-Grid Vector
  •  ● 2-Grid Vector
  •  ● Shaded Relief
  •  ● Watershed
  •  ● Grid Value
  •  ● Viewshed
  •  ● Point Cloud

多次元のモデルデータ


3次元空間で見たときのデータをより深く理解できます。 Surferの3Dビューアを使用すると、データのあらゆる側面を簡単にモデル化・分析・理解することができます。 Surferの2Dと3Dの視点を切り替えることで、データのパターンや傾向を発見することができます。

360°の視点を達成する
  •  ● 真の3D空間でのポイントデータの表示
  •  ● 地図を回転する
  •  ● 表面に沿って歩く
  •  ● 垂直方向の強調を調整する
  •  ● X、Y、またはZ軸を追加して参照フレームを取得する
  •  ● fly-through videoを作成して録画し、他のユーザと共有する
  •  ● モデルを3D PDFファイルに書き出す
  •  ● モデルをJPG、TIF、PNGなどの画像ファイルに書き出す

LiDAR Point Clouds


LiDARは、考古学、測量、GISなどの多くの分野で使用されるデータ収集方法です。 Surferの豊富なLiDAR処理と可視化機能を使用して、LiDARのさまざまなデータを活用しましょう。

LiDARポイントクラウド機能
  •  ● 複数のLAS / LAZファイルからポイントクラウドを作成
  •  ● 高度、強度、戻り値、または分類による色の割り当て
  •  ● 対話形式または基準でポイントを選択
  •  ● 選択したポイントを削除、再分類、トリミング
  •  ● 点群からグリッドを作成したり、LAS / LAZに書き出し
  •  ● 3Dビューでデータのすべての側面を視覚化
LAS / LAZフィルタオプション
  •  ● XY境界または標高データ限界に基づく空間フィルタリング
  •  ● N番目のポイントごとにインポートする
  •  ● 必要な戻り値の型または分類値のみをインポートする
  •  ● 指定したSource IDのデータをインポートする
  •  ● スキャン方向、edge of flightまたは合成、キーおよび保留点などのFlagフィルタ

合理化されたワークフロー


ワークフローの合理化により、直感的にさまざまなことができるようなインターフェースに設計されています。

ユーザインターフェース
  •  ● Welcome dialogを起動する
  •  ● マップウィザードを使用して地図やモデルをすばやく作成
  •  ● リボンとクイックアクセスツールバーのカスタマイズ
  •  ● Dockまたはfloatすべてのウィンドウ
  •  ● データと地図を表示、編集、操作するためのSingle window
  •  ● 地図やモデルのレイヤーを簡単に管理するContents window
  •  ● クイックフィーチャー編集のためのProperties window
  •  ● raw dataを表示または編集するためのWorksheet window

フルグリッドコントロール


Surferは、グリッドファイルを広範囲に制御します。 構造地質学のためのisopach mapsの作成、在庫管理のためのボリュームの計算、地形解析のための派生物の作成、グリッドファイルを使用したサイト適合性モデルの作成などです。 基礎となるデータを理解できます。

Gridの特徴
  •  ● 基礎となるグリッドデータを直接編集する
  •  ● グリッドの体積と面積を計算する
  •  ● グリッドの追加、減算、乗算、除算
  •  ● グリッド上でカスタムの数学関数を実行する
  •  ● 微分積分演算またはフーリエおよびスペクトル解析の計算
など。

Edit Contours


等高線を細部まで細かく編集できます。 SurferのGrid editerを使用すると、基礎となるグリッドファイルをインタラクティブに編集して等高線を素早く調整できます。 ブラシ、ワープ、スムーズ、プッシュダウン、またはグリッドノードの消去を行い、グリッドベースのマップの変更をすぐに確認できます。

  •  ● フリーハンドの輪郭編集を実行する
  •  ● ノード間のブラシ固有のZ値
  •  ● 滑らかな輪郭
  •  ● 特定の領域で輪郭をプルアップまたはプッシュダウンする
など。

すべての座標系とシームレスに連携


Surferは、データを視覚化して価値あるデータに簡単に変換することができます。参照されていないデータや、異なるあるいは複数の座標系に投影されたデータを簡単に管理します。

Surfer Coordinate System Features
  •  ● 事前定義された2500以上の座標系
  •  ● カスタム座標系を作成する
  •  ● 名前またはEPSG番号で座標系を検索
  •  ● 座標系を再投影する
  •  ● 80を超える楕円体
  •  ● 45以上の事前定義された線形単位
  •  ● 3カスタム線形単位を作成する
  •  ● 経緯線またはグリッド線を追加して、マップ上に異なる座標系を表示
Surfer V20 主な新機能

マッピングの改善


ピークとくぼみのマップを作成


Surferのこの新機能を使用して、山と窪みを示すマップを作成できるようになりました。 排水が閉じた輪郭から離れる(ピーク)または流れる(くぼみ)ゾーンを強調表示します。
この新機能は、水資源や地質災害の特定に携わる人々に役立ち、地形をすばやく評価し、陥没穴やその他の重要なカルスト形態、破砕帯、リニアメント、稜線をすばやく見つけることができます。 この新しいレイヤータイプはグリッドファイルから作成され、これらの領域の周りにポリゴンを描画することにより、グリッドの山とくぼみを識別します。 ピークとくぼみを別々に色付けし、方向性のある暈滸を追加し、最大値と最小値にラベルを付け、ローカルまたはマップ全体のスケールで作業します。 面積、体積、向きなどを計算するピークとくぼみの統計レポートを生成します。

オブジェクト名に属性テーブルのフィールドを使用


関連する属性テーブルの属性列を使用して、Base(vector)レイヤーのベクトルオブジェクトに名前を付けることができるようになりました。 これは、各オブジェクトの名前を手動で変更したり、すべてのオブジェクトをデフォルトでポリゴン、ポリゴン、ポイントなどの名前にする必要がなくなったことを意味します。 郡の境界ポリゴンに名前またはFIPSコードでラベルを付けるか、Well-IDでボアホールに名前を付けます。 長いリストから適切なオブジェクトを見つけるのがずっと簡単になりました。

ワークフローの改善


ポリゴンのコレクション内の個々のグリッドボリュームを計算


複数のポリゴンを含むBase(vector)レイヤーまたはベクターファイルがある場合、各ポリゴン内のグリッドから個別にボリュームを計算できるようになりました。すべて1つのステップで実行できます。
すべてのポリゴンの合計ボリュームを計算するか、レポートを個々のポリゴンごとのボリュームデータに分割します。 これを上記の属性による新しい名前付けオブジェクトと組み合わせて、グリッドボリュームレポートで各ポリゴンを名前で明確に識別します。 これは大幅な時間の節約になり、スクリプトを使用する必要はありません。

ポリゴンのコレクション内の個々のグリッド統計を計算


上記の新機能と同様に、グリッド情報を介して生成された統計も、マルチポリゴンのベース(ベクター)レイヤーまたはベクターファイル内の個々のポリゴンについて計算できるようになりました。

3Dビューの改善


3Dビューにカラースケールを追加

ポイント、サーフェス、および輪郭の1つまたは複数のカラースケールを3Dビューに表示できるようになりました。カラーマップを使用する3Dビューで、オブジェクトごとに異なるカラースケールを表示します。必要な数だけ持てます。次のstakeholder reportで使用するために、カラーマップを使用してモデルをエクスポートします。

VRML(.WRL)形式にエクスポート

3Dモデルを3DビューからVRML形式にエクスポートします。この3Dベクトルモデルデータ形式はCADでの作業に最適であり、3D印刷ソフトウェアで直接操作できます。次の対面プレゼンテーションのために、VRML形式からいくつかの表面モデルを3Dプリントします。このファイル形式は、Cortana、MeshLab、3DMaxなどのさまざまな3Dモデリングソフトウェアで使用することもできます。


環境照明を使用したライトポイントオブジェクト

3Dポイントオブジェクト(立方体と球)が、サーフェスに適用されるのと同じ環境ライティングを使用するように選択できるようになりました。レポートやプレゼンテーションで見栄えのする、一貫したソースライトシーンを作成します。


新機能について、さらに詳しく https://www.goldensoftware.com/
商品詳細
動作環境

Windows 7/8/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:500MB以上/RAM:512MB以上
※画像解像度:1024×768(16bit色以上)
※Windows 8はRTを除く

●等高線とグリッド編集機能●マップウィザードを使ったマップの作成が簡単●データファイルをベースマップとしてインポート可能●グリッド値を地図上に直接表示●160種類を超えるラインスタイルで見栄えのよいマップを作成●PDFやExcelファイルなどのインポートも可能●作成したグラフはあらゆる角度からの表示やカスタマイズが可能で、論文や学会発表用でのプレゼンテーションを強力にサポート●緯線、経線を自分のプロジェクトマップ上にクリックひとつで表示可能●特定のXY座標からの可視域図の作成●ジオプロセシングツールの充実●何層にも重なったベースレイヤーの検索/検出をすばやく行えるクエリーツール搭載●流域マップは、グリッドファイルからデータを読み込み、盆地や集水地域にグリッドを分割●納品後2週間のインストールサポート(日本語)あり●1年間のメーカー保守(メンテナンスプラン)付き●保守の内容:無償メジャー/マイナーアップグレード、技術サポート(英語)、トレーニングクラスの割引(英語)、ベータバージョンのレビュー●ダウンロード版

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、2台のPCにインストール可能(同時起動不可、共有不可)●アカデミック版は教育・研究目的の使用に限る●購入時は、教育機関発行のメールアドレスまたは、教職員証もしくは学生証のコピーが必要

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆トライアル版はこちら(メーカーサイト)
◆よくあるお問い合わせFAQはこちら(メーカーサイト)
◆有効なメンテナンスプランをお持ちのかたは、v20に無償でアップグレードすることができます。販売元:JUCA, Inc.のサイトをごらんください。
◆シングルユーザーライセンスをアクティブなソフトウェアメンテナンスを使用して最新バージョンにアップグレード(メーカーサイト)

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC