• OS

Band-in-a-Box 28 for Windows

作曲・編曲を支援する音楽自動生成ソフトです。好みの音楽スタイルを指定し、全体の長さ、演奏楽器等を指定するだけで、メロディー、ピアノ、ストリングス、ギター、ベース、ドラムなどの各パートを簡単に作曲することが出来ます。

2020年10月16日発売

F1F002A  BasicPAK

税込組価 ¥ 13,037 本体価格 ¥ 11,852

ご注文・問合せ


F1F002B  MegaPAK

税込組価 ¥ 25,952 本体価格 ¥ 23,593

ご注文・問合せ


F1F002C  EverythingPAK

税込組価 ¥ 52,071 本体価格 ¥ 47,338

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

Band-in-a-Boxとは


好みのジャンルやテンポなど、いくつかの項目を選択するだけで、コード生成アルゴリズムがジャンルに沿ったコード進行を自動生成し、コード進行から解析した伴奏を自動生成するのでオリジナル楽曲を簡単に作曲できます。もちろん、後から自分で修正することも可能です。
MIDIキーボードなどで入力したメロディーに自動でコード進行をつけることが可能なので、コード進行が苦手な方に最適です。 また、お持ちの音楽データからコード進行を抜き出すことも可能なので、音楽学習や楽曲制作をサポートします。

自動作曲

ジャンルやテンポなど、作成したい楽曲の要素を選択するだけで自動的に作曲ができます。

メロディーからコード進行を抽出

入力したメロディーから、コード進行を提案します。1曲まるごと自動でコード入力することも可能です。

自動編曲

好みのジャンル(スタイル)に自動作曲可能です。同じコード進行でも、ジャンルを変更することでまったく違った雰囲気を楽しめます。
※搭載されるジャンルの数はグレードによって異なります。

オーディオデータからコード進行を抽出

お持ちのオーディオデータからコード進行を抽出することができます。コード進行の学習に最適です。
※ご注意:オーディオデータの楽曲の本来のコードと全く同じになるわけではありません。

MIDI録音

メロディートラックとソロトラックにはMIDI録音可能です。MIDIキーボードなどをコンピューターに接続して、自分の演奏を録音することができます。

オーディオ録音

1トラックのオーディオ録音が可能です。作った楽曲に歌を録音したり、ギターパートを自分のギターで弾いたりすることができます。別途インターフェースなどが必要です。

リアルトラック・リアルスタイル

リアルトラック・リアルスタイルとは、スタジオミュージシャンの演奏を録音したデータを活用したスタイルです。高音質な演奏でアレンジすることができます。

SinsyがBand-in-a-Boxに統合

フリーの歌声合成機能「Sinsy」がBand-in-a-Boxに統合されました。入力したメロディーと歌詞をもとに歌わせることが可能です。 ※Sinsyはフリーのサービスです。

メロディー自動作曲・ハーモニー自動生成

メロディーに装飾音を加えることが簡単にできます。 また、メロディーを解析して最適なハーモニーを加えることもできます。

ソロ演奏自動作曲

優れたソロ自動生成機能で、楽曲を彩ることができます。

■機能詳細について詳しく

主な新機能

機能ブラウザ

Band-in-a-Boxのさまざまな機能をリストするダイアログで、各機能の概要を読んだり、アクセスの仕方を調べたり、ビデオチュートリアルを開いたりすることができます。

代理リアルトラック検索機能

現在選択しているリアルトラックの代理になりそうなリアルトラックを、ジャンルやリズムのノリ、テンポ、拍子が似ているリアルトラックの候補から探すことができます。代理リアルトラックを採用することで、アレンジを新鮮にし、いろんなサウンドを楽しむことができます。

リアルトラックに厚み

マルチリアルトラック機能を使って1つのパートに同じリアルトラックを選択する際、各々にパンを設定することで厚みを持たせることができます。また、同一リアルトラックを使って7つのパートに異なる伴奏を生成するマルチリフ機能も搭載しています。

ギターウィンドウを左利き用に表示

2つの表示モードが加わり、合計4つのモード(右利き、右利き+レッスン、左利き、左利き+レッスン)で表示できるようになりました。

オーディオテンポを均等化

一定のテンポで録音されていないオーディオを一定のテンポに整えることができます。

ドラッグ&ドロップ

ファイル(ソングファイル、MIDIファイル、オーディオファイルなど)をエクスプローラからドラッグし、Band-in-a-Boxにドロップして開くことができます。


*さらに詳しくはこちら https://www.biab.mu/new_features/

Band-in-a-Box 28 for Windowsの違いについて

BasicPAK MegaPAK EverythingPAK
音楽に自信のない方でも安心して曲づくりを楽しめる、Band-in-a-Boxの基本グレードです。 膨大なライブラリと音素材の組み合わせで生まれる豊富な音楽を実現するミドルグレードです。 Band-in-a-Boxの楽しさ・便利さすべてを享受できる、Band-in-a-Boxの最上位グレードです。
 
BasicPAK MegaPAK EverythingPAK
伴奏スタイル:約900種類 伴奏スタイル:約2,800種類 伴奏スタイル:約7,500種類
リアルドラム:42種類 リアルドラム:104種類 リアルドラム:605種類
リアルトラック:307種類 リアルトラック:521種類 リアルトラック:2,924種類
MIDIスーパートラック:54種類 MIDIスーパートラック:80種類 MIDIスーパートラック:263種類
ループ素材:1,075種類 ループ素材:1,075種類 ループ素材:1,278種類
製品メディア:USBメモリ 製品メディア:USBメモリ 製品メディア:2.5インチHDD

◆さらに詳しく → https://www.biab.mu/product/v28forWin/

商品詳細
動作環境

CPU:1GHz以上/Windows 7/8/8.1/10 日本語版(32bit, 64bit)/HD空き容量:BasicPAK 18GB以上、MegaPAK 28GB以上、EverythingPAK インストール方法により異なる(注)/RAM:1GB以上
※解像度:1024×768ピクセル以上
※インターネット接続環境(ライセンス認証時に必要)
※USB3.0ポートまたは上位互換のあるUSB2.0ポート(インストール時に必要)
(注)EverythingPAK
   メディア(2.5インチHDD)から直接起動:50MB
   アプリケーションのみを内蔵HDDにインストール:20GB以上
   アプリケーションとリアルドラム/リアルトラックを内蔵HDDにインストール:130GB以上
※動作環境の詳細:
BasicPAK https://www.biab.mu/product/v28forWin/BasicPAK/1.html
MegaPAK https://www.biab.mu/product/v28forWin/MegaPAK/1.html
EverythingPAK https://www.biab.mu/product/v28forWin/EverythingPAK/2.html

●ジャンルやテンポなど、作成したい楽曲の要素を選択するだけの「自動作曲」機能●MIDIトラックパートをソフトウェアシンセサイザー「SampleTank」に出力可能●楽譜のPDF保存が可能●動画を開いたり(表示:画像は動画ウィンドウ、音声はオーディオパート)、コードシートを動画保存する機能を搭載 ●パートボタン(画面上部とミキサーウィンドウ内)の名前を、現行の楽器名(マリンバ、オルガン、サックス等)で表示するなど、カスタマイズが可能●「BasicPAK」は伴奏スタイル約900種類とリアルトラック307種類、「MegaPAK」は伴奏スタイル約2,800種類とリアルトラック521種類、「EverythingPAK」は伴奏スタイル約7,500種類とリアルトラック2,924種類搭載

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、1台のPCにインストール可能

販売元: フロンティアファクトリー
URL:https://www.frontierfactory.co.jp/

関連記事・情報
◆「Band-in-a-Box 26 for Mac」についてはこちら

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC