• OS

現代用語の基礎知識【ソフトカード版】

昭和23年に創刊以来、毎年版を重ねている日本で唯一の新語・新知識事典です。串刺し検索により複数辞書の検索も簡単に行え、文字を入力すると候補見出し語が表示され、うろ覚えでも単語を見つけやすい『インクリメンタルサーチ』にも対応しています。2020年版です。

「現代用語の基礎知識 2020 プラス昭和・平成編」2020年5月1日発売

 

税込組価 ¥ 4,620 本体価格 ¥ 4,200

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

教養力をアップさせる新語・情報年鑑


現代用語の基礎知識2020 プラス 昭和・平成編 は、『現代用語の基礎知識 2020』(2020年1月1日発行)に1948年創刊以来の「現代用語の基礎知識」を特別編集した『昭和編』『平成編』の3冊を統合した電子辞典です。
昭和から令和への社会世相と出来事を72年にわたり「新語・流行語・重要語」でたどることができ、時のニュースや学術、一般教養を基礎知識としてサポートします。これから先を生きて行くための教養力データです。


現代用語の基礎知識2020


「軽減税率」や「老後2000万円不足問題」など、この一年を象徴する「新語・新事象」にフォーカスを当ててどんな言葉が生まれたのかが記録されています。


昭和編


言葉の窓から時代の風景が見えます。現代用語の基礎知識が記した戦後、高度成長の時代、そして、バブル全盛へ向かう日本。 収録された言葉たちから昭和の世相を読むことができます。


平成編


平成のあの年、どんな新語が生まれたのか。 あのころ、どんな言葉が流行したのか。あの事件はどう受け止められていたのか。 あのとき「現代用語の基礎知識」はどう解説していたのか。
掲載された原稿・記事に沿って、平成の時代を振り返ります。



商品詳細
動作環境

Windows 8.1/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:260MB以上/RAM:ご使用のOSが推奨する環境以上
※Windows 8.1はデスクトップUIに対応
※「LogoVista辞典ブラウザ」は、常に最新の環境で使用できる全辞典共通の辞典検索ソフト。製品のインストール後、アップデートの適用を推奨

●環境設定で検索結果の連続表示をチェックしておくことで、検索結果の項目と内容を本文表示エリア内で連続して表示可能な「LogoVista辞典ブラウザ」搭載●操作方法をわかりやすくナビゲートする「LVナビ」を収録

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、同一のユーザ使用に限り、3台までインストール可能(同時起動不可)

販売元: ロゴヴィスタ
URL:https://www.logovista.co.jp/

関連記事・情報
◆初めての方にも簡単な高性能検索ソフト「LogoVista電子辞典ブラウザ」についてはこちら(メーカーサイト)

◆インストール方法は、カードの裏面をご確認の上、 メーカーサイトをご参照ください。



カード裏面

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC