• OS OS

SingleCrystal 4

X線 / 中性子 / TEM回折による単結晶回折ソフトです。単結晶からX線、中性子、電子回折パターンをシミュレートし、逆格子セクションを表示し、面やベクトルのステレオ投影を構成します。シミュレートしたパターンを観測回折画像と組み合わせて、パターンを自動指標付けし、結晶の方向を決定することができます。

2020年4月3日発売

  • 英語版
HY108GF  シングルユーザ(ダウンロード)

税込組価 ¥ 61,600 本体価格 ¥ 56,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


HY108GD  シングルユーザ(ダウンロード)

税込組価 ¥ 61,600 本体価格 ¥ 56,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

学校教育から実験室、シンクロトロンまで


SingleCrystalは、結晶の回折特性を可視化・理解するための最も容易な手段です。SingleCrystal 4を使用し、多相(multi-phase)の X 線、中性子、電子回折パターンのシミュレーション逆格子セクションの表示、平面やベクトルのステレオグラフィックプロジェクションの構築ができます。シミュレーションによるパターンと観測された実際の回折画像を組み合わせることで、パターンに対して自動的に指数を付けて、結晶の方位を決定することができます。


インタラクティブな回折シミュレーション


SingleCrystalには、美しい高DPIグラフィックス環境に主要な回折手法(ラウエ、歳差および透過電子回折(TEM))のインタラクティブなシミュレーション機能が装備されています。さらに、TEM回折用の菊池線(Kikuchi Lines)と粉末リング(Powder Rings)を表示するオプションも用意されています。回折パターンは、マルチタッチジェスチャー(トラックパッドやタッチスクリーン)、マウス、スクロールホイール、ツールバーのチルトコントロール、タッチバーの回転ダイアル(Mac)、またはキーボードを使用して、リアルタイムに回転したり縮尺することができます。正確な傾きを入力、すなわち面法線または格子ベクトルとして表示方向を定義することができます。



立方晶系結晶(cubic crystal)の菊池線シミュレーションに、対称性に関連する面(symmetry-related planes)の
ステレオグラフィック投影を右側に表示した例

多相(Multi-Phase)回折


多相(Multi-Phase)回折は、新しい結晶や観測された回折画像をウィンドウに追加するのと同じくらい簡単に行うことができます。それぞれのパターンは、互いに相対的に回転または移動したり、オンとオフを切り替えたり、複製 (編集の前と後を比較可能)または他のウィンドウにコピーすることができます。



粉末リングと単結晶の反射を比較した多パターンのTEM回折シミュレーション

計測と探索


Screen ツールには、シミュレーションされたパターンの距離と角度をインタラクティブに測定する触覚(Haptic)フィードバック(Mac)付きの機能が用意され、文字通り「反射を体感」できます。統合された Reflexions List を使用し、visibility と type のいずれか又は両方によって、シミュレーションされた反射を検索、閲覧、並べ替え、絞り込むことができます。
SingleCrystal 4の特徴は、観測された回折画像の高度な画像処理にあります。印象的なグラデーションを含むカスタムの閾値レベルを使った画像着色(Image colourization)を適用して、視認性を高めることができます。スクリーンオーバーレイ(Ruler『定規』)、角度計(Protractor)、Grid(格子窓)には、Ruler オーバーレイを使用した強度プロファイル(2D 断面図)オプションを含む、観測された回折画像を高精度で測定するための機能が用意されています。



観測(および着色)された TEM 回折画像を横断する強度分布をプロファイルに表示した例

CrystalMakerとの統合


SingleCrystal 4 は、CrystalMaker 10.5 以降と連携して、保存された結晶ファイルを読み込んで回折特性をシミュレーションできるよう設計されています。2つのプログラムをリンクさせれば、結晶構造を一方のウィンドウに表示させながら、その回折パターンを他方のウィンドウに表示させることができます。



Live Rotation Mode:CrystalMaker(左)で構造を回転すると、それに対応する回折パターンも SingleCrystal(右)内で回転します。

商品詳細
動作環境

《Win》Windows 7 SP1/8/10(64bit)/HD空き容量:200MB以上/RAM:4GB以上
《Mac》/mac OS 10.12/10.13/10.14/15(64bit)/HD空き容量:200MB以上/RAM:4GB以上
※動作環境の詳細:https://www.hulinks.co.jp/software/crystal/singlecrystal/section03

●Laue(ラウエ)、Precession、透過電子回折といった重要な回折手法のインタラクティブなシミュレーション機能を搭載●Simulation Inspectorには、サンプルに対するリアルタイム制御と、波長(wavelength)、カメラ長(camera length)や明暗の度合い(intensity saturation)、ガンマコントロール、ビーム収束角(beam convergence)、サンプルの厚さ(TEM)、サンプルのボリューム、セルパラメータ、および、サイト占有率といった装置パラメータ(instrumental parameters)を用意●シミュレーションされたパターンを観測されたパターンの上に重ね合わせて、直接的な比較が可能●回折空間全体のナビゲーションを支援するために、フルサイズ、または、ミニサイズで表示できる動的なステレオ投影図(ステレオグラム)を方位ガイドとして活用●ダウンロード版

【インストール条件・購入条件】
●シングルユーザライセンス:1名のユーザに対して使用権を付与/同一のユーザ使用に限り、複数のPCにインストール可能●インストールは購入時に指定したプラットフォーム(WinまたはMac)に固定

販売元: ヒューリンクス
URL:https://www.hulinks.co.jp/

関連記事・情報
◆製品概要はこちら(販売元サイト)
◆結晶および分子構造の構築・可視化に!「CrystalMaker X」はこちら

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC