• OS

Legal Transer V5 for Windows

長文で難解な英文契約書を、独自の文書解析処理技術(原文前処理)と英文契約書に特化してチューニングした辞書により、従来の翻訳ソフトでは得られない高品質な翻訳を実現します。海外との取引や交渉等で必要とされる英文契約書をすばやく日本語に翻訳できます。


2020年3月19日発売

CL201SQ  

税込組価 ¥ 140,800 本体価格 ¥ 128,000

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

前処理/後処理による高品質翻訳


原文読み込み時の自動前処理により、”said”、”which”、”order”など、契約書において重要となる語へのマーク付けや文分割を実行し、あらかじめ翻訳しやすい状態にします。また、専用に構築した辞書による訳出は、契約書特有のなめらかな翻訳が提供されます。


例:原文

If the existing state of the Purchasing Party’s land, building, or other structure has been changed due to offer of the services pertaining to $said Service Contract, the Purchasing Party may demand that the seller takes necessary measures for returning it to the original state without charge.

Legal Transerでの訳

購買当事者の土地、建築または他の構造の現状が前記役務契約に係るサービスの提案によって変更された場合、売主が無償で原状にそれを戻すために必要な措置をとるよう、購買当事者は要求することができる。

参考:他の機械翻訳

申込者等の土地、建物、または他の構造の既存の状態はサービス契約がに関連するサービスの提供のために言った変更された場合、購入者は無償で元の状態に戻すための売り手は必要な措置をとることを請求することができます。

「日⇒英⇒日/英⇒日⇒英 三面翻訳エディタ」を搭載


「三面翻訳エディタ」では、原文を翻訳して訳文を表示すると同時に、その訳文を逆翻訳する確認翻訳を実施します。原文・訳文・確認文を並列表示することで、訳文の精度を判断できます。逆翻訳した確認文が原文のニュアンスと異なる場合は、原文の言い回しを変えて再翻訳を行うことで、より正確な訳文を作成することが可能です。 今バージョンでは、これまで日⇒英⇒日のみだった「確認翻訳モード」から、日⇒英⇒日/英⇒日⇒英の両方向に対応した「三面翻訳エディタ」へと大幅に機能強化しました。これまで翻訳結果の表示のみだった確認文エリアで編集可能になっただけでなく、原文・訳文・確認文の対訳ファイルや訳文・確認文の翻訳ファイルの保存にも対応したことにより、確認文の利用がしやすくなりました。


複数ファイル翻訳に対応したPDFダイレクトファイル翻訳


クロスランゲージが開発した「PDF ダイレクトファイル翻訳」は、Adobe Acrobatを必要としない「ダイレクト」翻訳です。PDFファイルの右クリック操作で、PDFのレイアウトを保ったまま 英語 PDF ⇔ 日本語 PDF 翻訳を実行します。

今バージョンでは、複数のPDFファイルを連続で翻訳できる機能が追加されています。翻訳パレットから起動できる「PDF ダイレクトファイル翻訳」ダイアログに複数ファイルをドラッグ&ドロップすることで、10個までのPDFファイルを連続で翻訳可能です。

PDFダイレクト翻訳制限事項

PDFダイレクトファイル翻訳は、PDFファイルが作成された状態により、翻訳機能が実行できない、または翻訳後のレイアウトが保持されない場合があります。また、透明テキストが埋め込まれたPDFファイルには対応していません。

Officeアドイン翻訳


「Officeアドイン翻訳」が、Office 2019およびOffice 365に対応しました。最新のOfficeアプリケーションにアドインをインストールすることで、Word/Excel/PowerPoint/OutlookのOfficeドキュメントを翻訳できます。
Officeアドイン翻訳では、単に原文をレイアウトどおりに翻訳するだけではなく、文中の文字装飾(斜体や下線など)や文字色の単語単位での再現が可能です。
また、PowerPoint 翻訳では、翻訳時の日本語と英語の文の長さを判定してフォントサイズを自動調整する機能が搭載されており、テキストをテキスト枠にしっかりと収め、修正の手間を省きます。

翻訳エディタ


翻訳作業の中心となる「翻訳ペイン」と、「訳語ペイン」「辞書ペイン」「翻訳メモリペイン」「アシストペイン(訳振り/逆翻訳)」「ブックマークペイン」を同一画面上に表示し、各ペインが相互に連動することで操作手順を簡略化、効率的な翻訳作業を進めることができます。
また、外部リソースからの知識の取り込みが容易に行える外部辞書コンテンツ/インターネットコンテンツとの連動機能を搭載しました。翻訳作業の効率が格段にアップします。


[1]翻訳ペイン
翻訳エディタで作成した翻訳ファイル・テキストファイルのほかに、PDF、Officeファイル、HTML、RTFファイルをダイレクトに読み込みます。
また、翻訳メモリデータの標準規格であるTMXファイルを翻訳エディタで開き、翻訳メモリとして登録することができるほか、翻訳エディタで編集した原文/訳文や翻訳メモリをTMXファイルに保存することが可能です。
[2]翻訳スタイル
翻訳エディタでは、「ですます調を使う」「受動態で訳す」「主語をWeやItに固定する」などの訳出方法、専門語辞書やユーザー辞書の設定、助詞や代名詞、冠詞などに対する訳の指定など、翻訳に関する詳細な設定が可能です。用途に合わせた一連の設定は「翻訳スタイル」として名前をつけて保存し、翻訳する文書に応じて使い分けることができます。
[3]アシストペイン
翻訳作業を支援する「逆翻訳」と、「訳振り」の機能が提供されます。
逆翻訳は、英⇒日/日⇒英の翻訳結果に対して逆方向に確認翻訳を実施します。訳文が原文の意をきちんと伝えているかの参考とする、訳文の質を向上するために便利な機能です。また訳振りは、機械翻訳を実行せず原文の単語に訳語のみをルビ表示します。原文の構造の理解を助け、翻訳効率の向上に寄与する機能です。
[4]WEB検索
翻訳ペイン内で選択した語を検索キーワードにし、インターネット検索して翻訳エディタ内で結果を表示する「WEB検索」機能を搭載しています。Wikipediaや Google、Yahoo! などの検索サイト/辞書コンテンツサイトだけでなく、海外の特許関連サイトにもアクセスし、ネットから素早く知識を取り込み、翻訳に反映させることができます。また、各検索サイトのカスタマイズも可能です。
[5]翻訳メモリペイン
「原文」および「人の手で整えた訳文」のセット(対訳文)を登録しておき、以降の翻訳に活用できるデータベース「翻訳メモリ」の検索・参照が行えます。単語やフレーズ・文全体を対象に翻訳メモリ内を検索し、過去に似たような文が登録してあった場合はその訳文を表示します。類似した文の検索結果では元の文と異なる箇所が強調表示されるため、過去に翻訳した文を参考とした正確かつ効率的な訳文の作成が可能です。
※全件表示/エクスポート機能はユーザー翻訳メモリのみが対象です。
[6]訳語ペイン
文中の語のクリック操作で、原文の語に対する訳語のリストを表示し、訳語の変更を行うことができるエリアです。別の訳語を選択することで訳語が学習され、以降の翻訳ではその訳語が優先して使われるようになります。訳語ペインでは品詞の変更もスムーズに行えます。
[7]ブックマークペイン
再校正・再確認・再翻訳などが必要な文に、多彩なブックマーク(付箋付け)の設定が可能です。名称設定、分類設定(複数種設定:最大32種)が可能な「マルチブックマーク」機能により、ブックマーク設定した文のリストをクリックして該当文へ素早くジャンプできるほか、特定の語を含む文を一括ブックマーク指定したり、ブックマーク指定した文を対象に翻訳メモリへ一括登録したりすることも可能です。
[8]辞書ペイン
文中の語のクリック操作で、翻訳に使用している辞書の訳候補だけでなく、電子辞書にて訳例や用例を参照する「辞書引き」が可能です。また、英語/日本語の自動切り替えに対応し、英語をキーワードにした場合は「英⇒和」を、日本語をキーワードにした場合は「和⇒英」の辞書検索を実行します。外部辞書として、研究社 新英和中辞典および新和英中辞典に加え、英和辞典の最高峰「研究社 リーダーズ英和辞典 第2版」「研究社 リーダーズ・プラス」のフルセット電子辞書コンテンツを収録し、46万項目にわたるリーダーズの用例/訳例にアクセスできます。

「翻訳メモリ」機能


「原文」および「人の手で整えた訳文」のセット(対訳文)を登録しておき、以降の翻訳時に似たような文章に対して訳文を自動反映させる機能が「翻訳メモリ」です。同じ企業のドキュメントでは表現や用語を統一している場合が多く、一度完全訳の対訳を登録しておけば、以降のドキュメントの翻訳時には登録した完全訳が訳出され、翻訳作業を大幅に効率化することができます。

自動文型一致

翻訳対象原文が翻訳メモリに登録された文章と類似している場合に、文型一致判定と同時に、相違部分を自動判定します。相違部分にのみ機械翻訳を実行することで、自然な記述表現の訳文を得ることができます。

登録 原文:The pages of this magazine are mixed up.
訳文: この雑誌のページが前後している。
例1 原文:The pages of this booklet are mixed up.
訳文: この小冊子のページが前後している。
例2 原文: The titles of this magazine are mixed up.
訳文: この雑誌のタイトルが前後している。

部分完全一致

翻訳メモリに登録されたフレーズから、部分的に完全一致するものを検索します。一致部分は翻訳メモリの訳を使用し、それ以外の部分は機械翻訳を実行します。

登録 原文: I don’t want you to get lost,
訳文: 迷うといけないので、
例1 原文: I don’t want you to get lost, I guide you to the room.
訳文: 迷うといけないので、私はあなたを部屋へ案内する。
例2 原文: I don’t want you to get lost, I will send you the guide map.
訳文: 迷うといけないので、私はあなたに案内図を送る。

部分文型一致

翻訳メモリに登録されたフレーズから部分的に文型一致する訳文を検索します。文型一致翻訳(可変部分の機械翻訳)および不一致部分の機械翻訳を実行し、合成して訳文を生成します。

登録 原文: If your payment in full is not received by <$1>,
訳文: <$1>までに全額お支払いただけない場合、
例1 原文: If your payment in full is not received by tomorrow, the application becomes invalid.
訳文: 明日までに全額お支払いただけない場合、アプリケーションは無効になる。
例2 原文: If your payment in full is not received by the due date, the reservation will be automatically cancelled.
訳文: 予定日までに全額お支払いただけない場合、予約は自動的に取り消される。

再帰文型一致

文型一致翻訳で変数部分(<$1>)にマッチしたフレーズを、再度翻訳メモリに登録されたフレーズから検索して訳文を生成します。

登録 原文: I am nothing more than <$1>.
訳文: 私は<$1>にすぎない。
例1 原文: an ordinary office worker
訳文: ただの会社員
例2 原文: I am nothing more than an ordinary office worker.
訳文: 私はただの会社員にすぎない。

「連続オフィスファイル翻訳」ツール


翻訳エディタでファイルを開かず、各種Officeファイルの翻訳処理を実行する「連続オフィスファイル翻訳」では、まとめて10ファイルまでのOfficeファイルを連続して翻訳できます。PCを他の仕事で使いながらバックグラウンドで自動実行でき、オリジナルドキュメントのレイアウトを保ったオフィス文書の翻訳が可能です。


商品詳細
動作環境

Windows 8.1/10 日本語版(32bit, 64bit)/HD空き容量:2.6GB(フルインストール時)/RAM:2GB以上
※Windows 10 Sには未対応(仮想PC環境での利用はサポート対象外)
※インストールには管理者権限が必要
※DVDドライブ(インストールに必要)
※動作環境の詳細:https://www.crosslanguage.co.jp/products/legal-transer-v5/spec/

●総辞書語数835.4万語(基本394万語+専門語439.5万語)の翻訳辞書と単独でも使える電子辞書コンテンツ「研究社 リーダーズ英和辞典 第2版+研究社 リーダーズプラス」搭載●「法務省日本法令外国語訳データベースシステム」から168,000対訳例文を翻訳メモリに収録●原文読み込み時の自動前処理を行い、saidなどの語へのマーク付けや文分割を実行●あらかじめ翻訳しやすい状態にした上で、専用に構築した辞書の設定により、契約書に特化した翻訳を提供●Word(docx)/Excel(xlsx)/PowerPoint(pptx)の各オフィスドキュメントから原文をダイレクトに読み込み、翻訳後に同じオフィスファイル形式で保存可能●「翻訳エディタ」は英日/日英で各100のドキュメントを扱い、同時に各20の翻訳処理を実行可能●標準搭載のオリジナルOCRソフト「CROSS OCR V4」では「PDF認識機能」でPDF内のテキストを文字認識エンジンを使わずに抽出し、認識率100%を保持

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンス(1シリアル番号)につき1台のPCで利用可能●特定の1個人のみが利用する場合に限り、その1個人のみが使用する2台までのPCにインストール可能(同時起動不可)

販売元: クロスランゲージ
URL:https://www.crosslanguage.co.jp/

関連記事・情報
◆搭載されている辞書語数の詳細はこちら(メーカーサイト)

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC