• OS OS OS OS

Agisoft Metashape

デジタル写真から3Dモデル、ポイントクラウド、DSMを作成する3Dオブジェクト生成ソフトです。デジタル画像の写真測量プロセス実行やGISアプリケーション、文化遺産ドキュメント、さまざまなスケールのオブジェクトの間接的な測定などに使用する3D空間データの作成が可能です。Agisoft PhotoScanのすべての機能を継承しており、日本語インターフェースへの切替も可能です。

Agisoft Metashape Ver.1.6 2020年1月1日発売

  • 英語版
47800073  Standard Edition(シングルマシン) Institutional Fund

税込参考組価 ¥ 16,500 本体価格 ¥ 15,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


47800074  Standard Edition(シングルマシン)Personal Fund

税込参考組価 ¥ 16,500 本体価格 ¥ 15,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


47800075  Professional Edition(シングルマシン) Institutional Fund

税込参考組価 ¥ 88,000 本体価格 ¥ 80,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


47800076  Professional Edition(シングルマシン)Personal Fund

税込参考組価 ¥ 88,000 本体価格 ¥ 80,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


47800077  Professional Edition(フローティングライセンス-1台あたり) Institutional Fund

税込参考組価 ¥ 176,000 本体価格 ¥ 160,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


47800078  Professional Edition(フローティングライセンス-1台あたり) Personal Fund

税込参考組価 ¥ 176,000 本体価格 ¥ 160,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

写真測量・デジタル画像の処理・3D空間データ生成


Agisoft Metashapeは、デジタル画像の写真測量処理を実行し、GISアプリケーション、文化遺産のドキュメント、視覚効果の生成、およびさまざまなスケールのオブジェクトの間接測定に使用される3D空間データを生成するスタンドアロンのソフトウェアです。
コンピュータビジョン手法を使用して適切に実装されたデジタル写真測量手法により、写真測量分野の初心者でも管理できるスマートな自動処理システムが実現します。一方で、熟練したプロがワークフローを多数の特定のタスクとさまざまなタイプのデータに調整することもできます。


調査とマッピング

空中三角測量、密な点群、オルソモザイク生成
写真測量--三角測量-- 密集点群の生成 密集点群(Pro)
編集と分類
● さまざまな種類の画像の処理:空中(最下点、斜め)および近距離
● 自動キャリブレーション:フレーム(魚眼レンズを含む)、球形&円筒形カメラ
● マルチカメラプロジェクトのサポート
● 正確な結果を得るための精巧なモデル編集
● 古典的なポイントデータ処理ワークフローから利益を得るための.LASエクスポート
● 正確な結果を得るための精巧なモデル編集
● 形状再構成をカスタマイズするための点分類
● 古典的なポイントデータ処理ワークフローから利益を得るための.LASエクスポート
3Dモデル
生成とテクスチャリング--
パノラマ 地上基準点(Pro)
高精度測量
● さまざまなシーン:遺跡、遺物、建物、インテリア、人々など
● Sketchfabリソースを直接アップロードし、さまざまな一般的なフォーマットにエクスポート
● 写実的なテクスチャ:HDRとマルチファイルのサポート
● 少なくとも2つのカメラステーションが存在する場合、同じカメラ位置 - カメラステーションからキャプチャされたデータの3D再構成
● 1つのカメラステーションデータに対する360°パノラマステッチ
● GCP:結果の精度を管理するためにインポート
● 高速GCP入力に対するコード化/非コード化ターゲットの自動検出
● 位置決め装置を使用せずに基準距離を設定するためのスケールバーツール

エディションによる違い

Features

Professional Edition

Standard Edition

写真測量三角測量
密な点群:生成と編集
3Dモデル:生成とテクスチャリング
球面パノラマステッチ
魚眼カメラのサポート
球面および円筒カメラのサポート  
密な点群:分類  
DEM:ジオリファレンスされたDSM / DTM export  
ジオリファレンスされたオルソモザイクexport  
オルソモザイクシームライン編集  
マーカー/スケールバーのサポート  
地上管制ポイントのサポート  
コード化/非コード化ターゲットの自動検出  
マルチスペクトル画像処理  
NDVIおよびその他の植生指数の計算  
階層的なタイルモデルの生成  
ダイナミックシーンの4Dモデリング  
Pythonスクリプト  
Network processing  
OS:Windows、Mac OS X、Debian / Ubuntu
Floating Licenses  
★詳しくはこちら https://www.agisoft.com/features/compare/

Agisoft Metashape v1.6の主な新機能


より多くの入力データ形式のサポート

● 正確なRPCデータが用意されている場合は、パンクロマティック画像とマルチスペクトル画像において、中央透視カメラ(フレーム、魚眼、球形および円筒形)に加え衛星画像処理がサポートされました。
 ● LIDARポイントをMetashapeにロードし、写真測量ポイントクラウドとマージして、メッシュまたはDTM / DSM生成に使用できるようになりました。
 ● アーカイブデータ(スキャンされたフィルム画像)処理は、自動基準マーク検出をサポートします。
 ● プロジェクトのカメラモーション速度に基づく適応フレーム選択は、入力データとしてビデオシーケンスを使用します。


品質と処理速度の向上

 ● 新しいメッシュ生成方法は、深度マップデータと直接連携します。これにより、データセットで可能な限り最も詳細なモデルを再構築できます。
 ● 高密度ステレオマッチングステップでのフィルタリングアルゴリズムの改善により、最終サーフェスのノイズを低減できます。
 ● メッシュ生成とテクスチャ生成ステップの両方でGPUアクセラレーションサポートしました。
 ● メッシュ生成ジョブでも分散処理が可能になりました。
 ● PythonおよびJava APIサポートによるワークフロー自動化の新しいオプションをサポートしました。


フライトミッション計画

 ● 複雑な形状の建築物に対する最適なミッションプランの(単純なオーバーヘッド飛行に基づく)自動計算。生成されたミッションプランは、KMLファイルとしてドローン制御アプリケーションにロードできます。
 ● 重複の削減機能は、画像の冗長性の観点から過剰な画像セットを分析し、処理時間とモデル品質のバランスを維持するのに役立ちます。


Agisoft Cloud

 ● クラウド処理インターフェースを改善しました。
ー写真測量処理用のハードウェアインフラを節約し、処理結果をオンラインで視覚化します。


Agisoft Texture De-Lighter

モデルテクスチャからシャドウを削除するために開発された新しい無料のスタンドアロンツールです。このツールは、3Dモデルからキャストシャドウとアンビエントオクルージョンを削除することを目的としています。
■ Texture De-Lighterのダウンロードはこちら:https://www.agisoft.com/downloads/installer/

商品詳細
動作環境

《Win》Windows XP/Vista/7/8/8.1/10(32bit, 64bit)/RAM:16GB以上
《Mac》Mac OS X 10.8以上(10.15 macOS Catalina対応)
《Linux》Debian/Ubuntu Linux(64bit)
[共通]Intel Core i7 CPU以上/Nvidia GeForce GTX 580またはGeForce GTX 680
※動作環境の詳細:https://www.academic-soft.com/detail.php?id=3694

●Agisoft PhotoScanの機能をすべて継承し、さらに詳細なメッシュデータの作成や、内蔵された機械学習機能により写真測量ポイントを自動的にグループ分け(地表・植生・建物・道路・車両などを自動判別)することが可能●距離・面積・容積など、空間データの収集も可能●5Mpx以上のデジタルカメラ以外の特別な備品は不要●重複する写真を使い、高精度なDEM、オルソモザイク画像、鳥瞰図を作成可能●NDVI計算とDEMベースの測定ツール●Professional Edition:Standard Editionの機能に加え、マルチスペクトル画像処理、ダイナミックなシーン用の4Dモデリング、Pythonスクリプトなどに対応●ver.1.5●インストールサポート(納品後2週間以内:日本語)と、メーカーの技術サポート(12ヶ月間:英語・EMail)付き●ダウンロード製品

【インストール条件・購入条件】
●アカデミック版は教育機関所属の方のみ対象(非営利組織、官公庁は対象外)●アカデミック版は教育機関発行のメールアドレスが必要●【シングルマシン】1ライセンスにつき、1台のPCにインストール可能/ライセンスはマシンに帰属(使用するPCを変更する場合には一度アンインストールしたあと新しいPCにインストール)●【フローティング】同時起動1台につき1ライセンス必要(Proのみ)●【フローティング】FLS(Floating License Server)と呼ばれる同時起動数を管理するソフトをAgisoft PhotoScan Professionalを利用するPCと同じネットワーク上にあるPC(デスクトップPCやサーバーマシン)にインストールする必要あり●【校費購入】Institutional Fundを選択:その機関に所属する教職員や学生の使用可能(ただし1ライセンスにつき1台のみインストール可能)●【私費購入】Personal Fundを選択:ライセンスを購入したお客様のみの使用が可能(他ユーザへのライセンス譲渡は不可、1ライセンスにつき1台のみインストール可能)

販売元: JUCA, Inc.
URL:https://www.academic-soft.com/

関連記事・情報
◆30日間無料トライアル版はこちら(メーカーサイト)
◆Professional版とStandard版の違いはこちら(メーカーサイト)
◆ライセンスの違いについてはこちら(メーカーサイト)
◆チュートリアルはこちら(メーカーサイト)

【無償アップグレードについて】

PhotoScan、Metashapeをすでにお持ちの方は、以下のメーカーサイトより無償でAgisoft Metashape最新版を入手できます。
  http://www.agisoft.com/downloads/installer/

※ ver.1.9xまでのマイナーアップデートは無償で提供されます。

「日本語GUIへの切り替え」


    Tools → Preferencesを選択 → 
    General TabのUser Interfaceを選択 → Languageより「Japanese」を選択 → ソフトを再起動



※画面はMac(ダークモード)

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC