【翻訳】MED-Transer、PC-Transer

完成訳を蓄積して再利用できる
翻訳のプロが使う「翻訳メモリ」

「翻訳メモリ」とは、人の手により翻訳された翻訳文と原文のペアをデータベースに蓄積し、後の翻訳時にデータベースと一致する訳文を再利用するシステムです。Transerシリーズでは、翻訳メモリの訳文を優先訳として出力し、翻訳メモリと一致しない文には機械翻訳を出力するハイブリッドによる翻訳が可能です。

クロスランゲージ MED-Transer 大学生協版

医学辞書の世界的な権威でもある「ステッドマン医学大辞典」を翻訳ソフト用に辞書化し、優先指定によりステッドマンの訳語を優先して翻訳文に反映する機能があります。最新翻訳エンジンを搭載しています(総辞書語数パーソナル版:496.6万語、プロフェッショナル版:836.4万語、Mac版:818万語)。プロフェッショナル版とMac版には、完成訳を蓄積して再利用できる「翻訳メモリ」機能を搭載しています。

クロスランゲージ PC-Transer/MAC-Transer

搭載されている辞書の総語数は、PC-Transer:806万語、MAC-Transer:788万語となります。Officeドキュメントのレイアウトを保持した状態で翻訳できる「Officeファイル翻訳」、各種ブラウザに対応の「ホームページ翻訳」、MED-Transerにも搭載されている「翻訳メモリ」機能も利用できます。

■各製品の詳しい情報はこちらからご覧いただけます。

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。


URL:http://www.crosslanguage.co.jp/

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC