• OS OS

インテル Parallel Studio XE 2018 Professional Edition for Fortran & C++ 特定ユーザライセンス

高速化のためのC/C++、Fortranコンパイラ、性能分析ツール、スレッド/メモリーエラー検出ツール、スレッド化アドバイスツール、インテルMKLやインテルIPP、インテルTBBライブラリが同梱されています。自動最適化/並列化機能により、インテルプロセッサの性能を最大限に活用し、解析、シミュレーションなどの計算時間の短縮が可能です。

2017年9月13日発売

  • 英語版
Icon os w EX10BJ6  

組込価格 ¥ 208,440 本体価格 ¥ 193,000

アカデミック

申請書

Icon os l EX10BJ7  

組込価格 ¥ 208,440 本体価格 ¥ 193,000

アカデミック

申請書

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

メモリーエラー、スレッド化エラーを容易に検出

インテル VTune Amplifier

開発の初期段階でエラーを発見できるツールを利用する効果は絶大です。プログラムに不具合が残されていた場合、性能の低下や意図し ない計算結果が生じる可能性があり、結果として問題の調査や修正に、より多くの時間を費やすことになるでしょう。

インテル Inspectorを使用すると、C、C++、Fortran アプリケーションのメモリーリーク、メモリー破壊、メモリー関連APIのリソース開放し忘れなどの誤りを自動的に検出することができます。また、デッドロック、データ競合などのマルチスレッド・エラーも的確に発見し、分かりやすいユーザー・インタフェースで確認することができます。

リソースリークとは?

リソース消費の1つで、プログラムが割り当てたリソースを解放していない状態を指します。通常、一般的なリソース問題 (メモリーリークなど)やコードの不具合による結果として起こりますが、非常に限られた状況や、長い間アプリケーションを使用した場合に問題を引き起こします。

インテル Inspectorを実行してアプリケーションをチェックすることで、リソースリークをピンポイントで検出することができるため、問題を未然に防ぐことができます。

デバッガー・ブレークポイント機能

実行結果の情報を元に、再度実行した際にエラーが発生する直前でブレークポイントを設定します。エラーの直前でデバッガーを起動して解析が行えるため、問題が発生する前の状態を把握することができます。

バージョン 2018の主な変更点

  • ▪ 誤検出の低下
  • ▪ C++ 17のstd::shared_mutexを追加
  • ▪ Windows SRW ロックを追加
  • ▪ インテル Xeon スケーラブル・プロセッサーのサポート

コードの最適化にかかる時間を短縮するには

インテル VTune Amplifier

初めてのチューニングから高度な最適化にわたって、インテルVTune AmplifierはCPUとGPUパフォーマンス、スレッドのパフォーマンスとスケーラビリティー、バンド幅、キャッシュ利用など、パフォーマンス向上のための豊富な情報を収集します。一般的なスレッド化モデルをサポートし、解析を支援するハイレベルな情報を提供するため、素早く簡単にチューニングを行うことができます。解析結果をタイムラインとソースコード上でソート、フィルターして可視化できます。

C/C++、Fortran、Python、Go、Javaが混在したコードの hotspotを正確に特定します。

インテル Inspectorおよび、インテル VTune Amplifierは、インテル Parallel Studio XE 2018 Professional Editionに同梱されています

インテル Parallel Studio XE Professional に含まれるツール

  •  ● インテル コンパイラー:C/C++、Fortran の最適化コンパイラー
  •  ● インテル VTune Amplifier:性能解析ツール
  •  ● インテル Inspector:メモリー/スレッド化エラー検出ツール
  •  ● インテル Advisor:並列化アドバイスツール
製品詳細、無料評価版はこちらから
商品詳細
動作環境

http://www.xlsoft.com/jp/products/intel/studio_xe/index.html を参照
※インテル C++ コンパイラ for Windowsを使用する際に、別途Microsoft Visual Studio環境が必要

●コンパイラ製品にてVisual StudioやGCCとの高い互換性●Professional Edition:Composer Editionの機能に加え、パフォーマンス/エラー解析対応●日本語環境で使用可能●初年度サポートサービス付き(2年目以降は「SSR:サポートサービス更新」を購入することで更新可能)●サポートサービスには、期間内無償アップグレードと日本語による技術サポートを含む●ライセンスの範囲内で恒久的に使用可能●ダウンロード製品

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、特定の1ユーザが利用可能●製品のライセンスについては、Webサイトを参照:https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/purchase/intel_license.html

販売元: エクセルソフト
URL:https://www.xlsoft.com/jp/index.html

関連記事・情報
» 同時起動でのご利用に!フローティングライセンスの情報はこちら
» 年間サポートサービスの更新について
» 年間サポートサービスの内容詳細(メーカーサイト)はこちら
■製品のライセンスについて(メーカーサイト)
■30日間評価版のお申し込みはこちら
◼️スイート製品に同梱される製品・機能一覧(メーカーサイト)

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC