Acrobat 2017、6月新登場!

Acrobatは、PDF作成のみならず、編集・共有・セキュリティ等、多くの機能があります。複数ファイルの結合、頁の並び替え、墨消し、注釈機能等、データの管理・やりとり等に役立ちます。無償の「Acrobat Reader」とは異なり、PDFの作成、編集、保護、共有、フォーム、署名に関する高度な機能を備えています。

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率10%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

作成【機能強化】

電子ファイルはもちろん、紙の書類や印刷物、手書きメモでも、検索や編集、署名が可能なドキュメントにすばやく変換できます。

編集

作成元のファイルもアプリケーションもいらず、PDF上でテキストや画像を編集できます。PDFをWordやExcel、PowerPoint形式に書き出して、再利用もできます。

保護

メールでの文書送受信もPDFなら安心です。高度なセキュリティ機能が、情報の漏洩や不正な改ざん、標的型攻撃等から保護します。

【2017で機能強化された「比較ツール」】

比較ツールを使用すると、2つのバージョンのPDFファイルの差異をすばやく正確に検出できます。

  • ・文書の2つのバージョンを比較して、テキストおよび画像のすべての変更を検出できます。
  • ・ファイルの差異の概要を示す、見やすい結果概要が表示されます。
  • ・左右に並べて表示または単一ページ表示を使用して、簡単に文書内を移動し、それぞれの差異を確認できます。
  • ・変更のフィルター機能を使用して、テキスト、画像、注釈、書式設定、ヘッダー/フッター、背景のすべての差異をすばやく確認できます。

動作保証された最新のAcrobatへの移行をお勧めします

Acrobat X(I 2012年10月発売)は、2017年10月15日(日)をもってサポート終了予定です。

(Acrobat X以前の製品は、既にサポート終了済です)

サポート終了後は、テクニカルサポートやセキュリティアップデートの提供が行われないため、ウイルスの感染率が高くなります。

2015年4月発売のAcrobat DC(永続ライセンス版)は、2020年4月8日サポート終了予定です。

Acrobatは、さまざまな購入方法があります

■PhotoshopやIllustratorも使う方

■Acrobatのみを使う方


URL:http://www.adobe.com/jp/

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC