• OS

RAD Studio 10.2 Tokyo

ネイティブクロス開発スイート

2017年3月28日発売

RAD StudioにはDelphiとC++Builderの機能が含まれております。DelphiではLLVM エンジンベースのLinuxコンパイラが搭載され、Delphi開発者は64-bit Intel Linuxサーバーおよびデバイスにも対象を広げることが可能となりました(Enterprise版以上)。Linuxコンパイラは、Ubuntu 16.04LTSおよびRed Hat Enterprise 7との適合性を認証済みで、LLVMエンジンベースで構築されます。

Icon os w E0O017Q  Professional(1年間保守付き)

組込価格 ¥ 21,600 本体価格 ¥ 20,000

アカデミック

申請書

Icon os w E0O017R  Enterprise(1年間保守付き)

組込価格 ¥ 54,000 本体価格 ¥ 50,000

アカデミック

申請書

Icon os w E0O017S  Architect(1年間保守付き)

組込価格 ¥ 73,440 本体価格 ¥ 68,000

アカデミック

申請書

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

広範なプラットフォームをサポート


Windows、Linux(※)、macOS、iOS、Androidのマルチプラットフォームに対応しています。ターゲットプラットフォームを切り替えるだけで、それぞれのプラットフォーム向けにネイティブコンパイルが可能です。単一のコードで複数デバイス向けのネイティブアプリケーションを構築でき、広範なプラットフォームでの高速なアプリケーション実行をサポートします。
※Linuxサポートは、Delphi言語のみEnterprise版以上で利用できます。


Windows 10 ストアアプリを構築


Windows 10 Desktop BridgeをIDEに統合しています。
既存のWindowsアプリケーションを容易にWindows 10ストアアプリに移植することができます。







FireUIにより各デバイスに最適化されたUIを設計


FireUIを用いれば、Windows、macOS、iOS、Androidの各デバイスごとに最適化されたUIを設計できます。さらに、FireUIアッププレビューを用いることで、実デバイスで設計中のUIを確認可能です。画面サイズや操作性の異なる複数デバイス向けの開発が容易になります。



Delphi Linuxコンパイラ


RAD StudioのIDEにLLVM エンジンベースのLinuxコンパイラが搭載され、Delphi開発者は64bit Intel Linuxサーバーおよびデバイスにも対象を広げることが可能となりました(Enterprise版以上)。Linuxコンパイラは、Ubuntu 16.04 LTSおよびRed Hat Enterprise 7との適合性を認証済みで、LLVMエンジンベースで構築されます。



商品詳細
動作環境

Pentium 1.6GHz以上/Windows 7 SP1/8/8.1/10(すべて32bit,64bit)/HD空き容量:6〜60GB以上(エディション・設定に依存)/RAM:2GB以上
※1,024×768以上の解像度が動作するDirectX 11対応のビデオカード/モニタ
※macOSアプリケーションの開発には、macOS 10.10/10.11/10.12が動作するIntelベースの Mac(2GB以上のメモリ)が必要
※iOSアプリ開発には、さらにXcode 6以降のインストールとApple Developerアカウントが必要
※RAD Studioの開発環境(IDE)はWindowsで動作。Windows 7、8または10をホストするVMware FusionやParallelsといったVM(仮想マシン)を用いることで、macOS上で動作させることも可能
※動作環境の詳細:https://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio/product-editions

●今バージョンより、LLVMエンジンベースのLinuxコンパイラを搭載●WindowsとLinuxプラットフォームを用いて、モバイルとバックエンドシステムを接続する中間サーバー機能を構築可能●コンポーネントを用いたビジュアル開発により簡単にアプリケーションを開発●Object PascalおよびC++によるオブジェクト指向プログラミングが可能●単一のコードで複数デバイス向けのネイティブアプリケーションを構築●カメラやGPSなどのデバイスセンサーを用いたアプリもコンポーネントによって簡単に開発可能●データベース、クラウドなどへのアクセスもサポート(エディションによって利用できる機能に違いあり)●ダウンロード版(有償オプションの10.2 Tokyo Developer Tools Media Kit:Delphi/C++Builder/RAD Studio 10.2 Tokyo用インストールDVDもあり)●1年間のアップデートサブスクリプション(年間保守)付き:1年間の契約期間内のメンテナンスアップデート/メジャーバージョンアップ/バグフィックス/ホットフィックスを入手可能

【インストール条件・購入条件】
●プログラミングの学習目的にのみ使用可能●1年間のアップデートサブスクリプション(年間保守)付き●技術サポートなし(インストールサポートのみ)

販売元: エンバカデロ・テクノロジーズ
URL:http://www.embarcadero.com/jp/

関連記事・情報
» 「Delphi 10.2 Tokyo」の情報はこちら
» 「C++Builder 10.2 Tokyo」の情報はこちら

◆無料トライアル版はこちら(メーカーサイト)
◆機能一覧はこちら(メーカーサイト)
◆各エディションでできること(メーカーサイト)
◆ アップデートサブスクリプション(年間保守)について(メーカーサイト)

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC