• OS OS

EndNote X7(日本語操作ガイド付)

文献情報の収集/管理と論文作成支援のためのソフトです。PubMed等オンラインデータベースや電子ジャーナルから文献情報を簡単に取り込みする事が出来ます。MS Word上でEndNoteを操作し、論文原稿の文中引用表記と参考文献リストを各雑誌の投稿規定に合わせて自動作成する事が出来ます。

EndNote X8リリース決定! 今「EndNote X7」を購入すると、X8への無償アップグレード権がついてきます。

※発売日、価格等の詳細は未定です。確定次第ご案内致します。

【無償アップグレードについて】
下記条件を「共に」満たす方が、EndNote X8への無償アップグレード対象となります。
(1)2016年9月1日以降にEndNote X7(国内正規流通品)をご購入された方
(2)一定期日までにユサコのWebサイト上での会員登録および、2016年9月1日以降に購入されたシリアル番号の登録両方がお済みの方

◆ご購入になった方は、必ずユサコのユーザ登録手続きを速やかに行ってください。
 (ユーザ登録の期日を過ぎますと、無償アップグレードの対象とならない場合がございます)

  • 英語版
Icon os w Icon os m YU1003V  大学生協版

組込価格 ¥ 55,080 本体価格 ¥ 51,000

Icon os w Icon os m YU1003X  学生版

組込価格 ¥ 34,560 本体価格 ¥ 32,000

学生

Icon os w Icon os m 638494  アップグレード版

組込価格 ¥ 23,760 本体価格 ¥ 22,000

申請書

Icon os w Icon os m 638517  Workstation License-5本以上(1本あたり)

組込価格 ¥ 42,120 本体価格 ¥ 39,000

申請書

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

日本語の「操作ガイド」付き

インストールから基本操作まで、EndNoteを初めて使う方にもわかりやすい、一通りの操作説明が記載されているガイド(冊子)が付属しています。
※Windows・Mac共通








◆基本的な機能について(英語:音声あり----日本語字幕をご利用いただけます)
商品詳細
動作環境

《Win》Pentium 450MHz以上/Windows Vista/7/8.x/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:180MB以上/RAM:256MB以上
※アドイン対応:MS Word 2007/2010/2013(32bit, 64bit)、OpenOffice.org Writer 3、Mathematica 8、PowerPoint 2007/2010/2013
《Mac》Intel Mac 450MHz以上/Mac OS X 10.6.x~10.9.x/HD空き容量:400MB以上/RAM:256MB以上
※アドイン対応:MS Word 2008 SP1/2011、Apple Pages 09、Mathematica 8
※CD-ROMドライブ(インストール時に必要)
※無償アップデータを適用したX7.4でWindows 10に対応(参考:メーカーサイト

●日本語入力・表示可能●シンクロ機能搭載でどのPCからでも最新の情報へアクセス可能●Unicode対応●Workstation License(WSL):シングルのボリュームパックで最小5本以上から適用(購入本数分のメディアを納品)/永久ライセンス/1本単位でアップグレード可能●アップグレード(UPG):ユーザ登録済みの通常版、大学生協版、学生版、WSLが対象●日本語操作ガイドおよび日本語サポート付き

【インストール条件・購入条件】
●1ユーザ、1ソフトウェア、1端末での利用限定(ただしライセンス保持者の利用限定でWin/Mac合計3端末までインスール可能)●専用申請書が必要●譲渡不可

販売元: ユサコ
URL:http://www.usaco.co.jp/

関連記事・情報
【Macでご利用の皆様にお知らせ】
最新の「macOS Sierra」には、次期バージョン「EndNote X8」で正式対応予定です。EndNote X7では、製品CD-ROMからインストールできないなどいくつかの不具合が報告されていますが、「macOS Sierra」でご利用しなければならない場合は、トライアル版をダウンロードし、製品付属のプロダクトキーを使用してインストールしてください。
 ◆トライアル版はこちら(メーカーサイト)
 ◆EndNote X7インストール方法について(メーカーサイト)

» EndNote ユーザー登録(メーカーサイト)についてはこちら

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC