アドビ製品情報 - 製品情報 Acrobat

PDFをAdobe Acrobatで扱う5つの理由

Microsoft Officeとの優れた連携
  

1Microsoft Officeとの優れた連携

OfficeアプリケーションのリボンインターフェースからワンボタンでPDFを作成することができます。また、既存のPDFをWord、Excel、PowerPoint形式に書き戻して、再編集することも可能。その際、フォントや書式はそのまま保持されるので、設定をし直すことなく、すぐに作業を開始できます。

アドビ開発による高い親和性
  

2アドビ開発による高い親和性

AcrobatおよびAcrobat Readerは、PDFの生みの親であるアドビが開発した製品です。これらを組み合わせれば、信頼性の高いPDFをどんな環境でも確実に表示、操作することができます。全世界で普及しているAcrobat Readerでの閲覧が保証されているのは、Acrobatをはじめとするアドビ製品で作成したPDFだけです。

複雑な文章もReader での再現を保証
  

3複雑な文章もReader での再現を保証

PDFは、見た目は同じでも、作成するツールによってその品質は大きく異なります。Acrobatで作成するPDF は、複雑な書式やレイアウトを用いた文書であっても、文字化けやレイアウト崩れを起こすことなく、元の文書の体裁を保ったままAcrobatReaderで正確に表示することができます。

デバイス間でシームレスに共有
  

4デバイス間でシームレスに共有

Acrobat DCは、デスクトップ版とモバイル版、およびクラウドサービスが提供されます。例えば、デスクトップで作業中のファイルをDocument Cloudにアップロードし、モバイルデバイスからアクセスして作業を継続することが可能。また、Acrobatから直接DropBox、SharePoint、OneDriveのファイルを開いたり保存したりできます。

入力可能なフォームを作成
  

5入力可能なフォームを作成

Acrobat DCでは、既存の申請書やアンケート用紙から、PCやモバイルデバイスで入力可能なPDF フォームを簡単に作成することができます。PDFフォームをメールで送信、あるいはWeb サイトにアップロードすれば、ユーザーはAcrobat Readerを使用して簡単に入力、返信することが可能。データの集計も自動で行えます。

Acrobat Ⅺのサポート終了

Acrobat Ⅺのサポート終了

2012年10月に発売された、Acrobat XIは2017 年10月15日(日)をもってサポートを終了しました。(Acrobat X以前の製品は、既にサポート終了済)サポート終了後は、テクニカルサポートやセキュリティアップデートの提供が行われないため、ウイルスの感染率が高くなります。

動作保証された最新のAcrobat DC への移行をお勧めします
最新のOSには、最新のAcrobat DCを

最新のOSには、最新のAcrobat DCを Windows 10のリリース後、最新OSへアップグレードされる方も増えています。アドビとマイクロソフトはリリース前から、Acrobat DCのWindows 10互換性に関する検証を共同で行ってきました。信頼性、性能、ユーザーエクスペリエンスに関するすべての検証をクリアし、現在もAcrobat DCはWindows 10上で快適に動作しています。2015年4月発売のAcrobat DCは、2020年4月8日サポート終了予定です。

Adobe Acrobat

大学生協では、個人でご利用向けの学生・教職員個人版から教育機関向けのライセンス製品まで、用途によってお選びいただける各種Acrobat 製品をお取り扱いしています。

ソフトウェアインフォメーションで
Acrobatの内容を見る

大学生協ソフトウェアインフォメーション

Acrobatも使用できるCreative Cloudを見る