• OS OS

LightWave 2019 大学生協版

最先端のレンダラーを備えた統合型3Dアプリケーション

2019年2月4日発売

映画やテレビのVFXやアニメ制作、モーショングラフィックス、プロダクトデザイン、建築ビジュアライゼーション、印刷、ゲームデザインなどの多岐にわたる分野において、誰もが直感的に使える機能が満載されています。新たに搭載されたUnreal Bridgeツールで、LightWave側での作業は、リアルタイムにUnreal上に反映されるため、ストレスを感じることなく何度もトライアンドエラーを繰り返すことができます。

Icon os w Icon os m DS1012T  ダウンロード版

組込価格 ¥ 42,984 本体価格 ¥ 39,800

アカデミック

申請書

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

より速く、よりシンプルに。


LightWave 2019では、LightWaveレイアウト上でアニメーション設定が可能なメッシュスカルプティング、またウェイトや頂点カラーなど、頂点マップの作成および編集を可能とするパワフルな「メタモーフィック(Metamorphic)」機能が搭載されました。
さらにUnreal Engineとのブリッジツールの搭載により、インタラクティブなリアルタイムコラボレーションを実現しています。より細かな機能として、多くのユーザーから要望が上がっていた、レイアウトにおける無限アンドゥ機能をサポートしたり、膨大なアイテムを内包するシーンファイルに対応したポップアップのフィルタリング・検索機能を追加するなど、作業効率の向上に重点を置き、「かゆいところに手が届く」改良が加えられたバージョンになっています。

メタモーフィック

メタモーフィック(Metamorphic)機能は、大きな拡張機能のひとつです。LightWaveレイアウト上で、モデルデータ(オブジェクト)に対して、アニメーション設定が可能なメッシュスカルプティングや、ウェイト/頂点カラー等の頂点マップの作成および編集が可能になります。

新機能ビデオ:「メタモーフィック」のご紹介
 https://youtu.be/vdsRr3WSxc0"
 
Unreal Bridgeプラグイン

急速に進む映像のIP伝送テクノロジーとして世界中で活用されているNewTek社独自のIP伝送プロトコル「NDI(ネットワーク・ディバイス・インターフェース)」のメカニズムを採用し、Unreal EngineとLightWaveの間にリアルタイム・ワークフローを提供します。 これにより、LightWave側での作業がリアルタイムにUnreal上に反映されるため、アーティストはストレスを感じることなく何度もトライアンドエラーを繰り返しながら作品の質を高めていくことができます。
 
FBXとファイル互換ブリッジ

ファイル互換ブリッジ機能を介して、業界標準のFBXデータを新しいレベルで操作することができます。

 ● 入出力の対象およびその方法をインタラクティブに選択可能
 ● レイアウトとモデラーから、既存のFBXファイルへ追加機能
 ● 複数のFBXファイルからLightWave のアセットを構築
 ● ワークスペースを介してFBXファイルを簡単に読み込み可能
 
ゲーム開発のためのボーンシステムの強化

新しくボーンプロパティパネルに追加された制限ボーン(Limited Bones)オプションを利用することで、アニメータはレイアウトにおいて特定のポイントに影響を与えるボーンの数に制限を設定することができます。これにより、ターゲットとなるゲームエンジンの制限に合わせることができ、ゲームエンジンがリグに要求するパフォーマンスとより厳密に一致するよう、リアルタイムに最適化を行えます。
 
エッジシェーダーノード

よりリアルな表現を可能にするために、ジオメトリを増やすことなく、レンダリング時においてベベルや丸みを帯びたエッジをシミュレートするノードが追加されました。
パティナノード

このノードは半径とオフセットに基づいて、サーフェイスにWear(凸型シェーダー)もしくはDirt(凹型)を追加します。このノードを使うと、石像や銅像などの汚しや錆などを表現することができます。
プロシージャルシェーダーノード

Procedural(プロシージャル)は、LightWaveの旧バージョン、またはサードパーティのプロシージャルテクスチャを内包し、一般的な入出力接続を持つノードとして表現するノードです。これまでは、テクスチャスタックのプロシージャルテクスチャレイヤー内でのみ利用可能でした。
画像キャッシュ

非常に高解像度の画像に対してスマートキャッシングをサポートしているため、アーティストはコンピュータシステムのメモリを気にすることなく、テクスチャやその他の用途に使用することができます。
新しいコンポジットバッファ

新しいRhoバッファは、直接(Direct)および間接(Indirect)バッファからライティングおよびシェーディング情報を抽出します。新しいWeightバッファには、直接(Direct)および間接(Indirect)バッファのサーフェスシェーダー設定の値が含まれており、負荷の高いコンポジット作業などに役立ちます。
NVidia Optix Denoiserを利用したノイズ除去

ノイズフィルタに対し、静止画像のレンダリング時におけるAIアクセラレートノイズ除去用のNVIDIA OptiXライブラリを使用した新しいオプションが追加されました。
※ このオプションを利用するためには、OptiXをサポートしているNVidia社製グラフィックスカードが必要となります。
フィジカルスカイ

フィジカルスカイ(Physical Sky)は、 物理的に正確な空を作り出し、簡単に異空間の空を表現することができる環境用プラグインです。このプラグインは、特殊効果(Effects)→ 背景(Backgroud)タブの環境プラグイン(Environment)からアクセスすることができます。
フィジカルサンライト

サンライト(SunLight)は、最先端の科学的手法を採用した太陽をシミュレートする新しいライトタイプです。ライトプロパティ(Light Properties) → ライト種(Light Type)より選択することができます。
拡張したレイアウトのアンドゥ・システム

レイアウトのアンドゥ・システムは、移動やキー設定時など、さまざまな場面で使用できるようになりました。また、以下の操作において、アンドゥを無制限にご利用いただけます。

 ● グラフ編集
 ● シーン編集とシーン編集クラシック
 ● ドープシート
 ● レイアウト上のナビゲーションツール
ポップアップメニュー

アイテムリストやメニューなどのポップアップで、矢印キーやマウスホイール、HomeやEndキーを利用して、アイテムやツールをナビゲーションできるようになりました。また、ポップアップメニューで、フィルタリングと検索機能がサポートされました。 キーボードショートカット「CTRL+Spaceキー」を押すことで、メインメニューのあるすべてのエントリが呼び出され、モデラーまたはレイアウトの全コマンドがショートカットキー付きでリスト表示されます。このリストを開いた状態で、お探しの任意のコマンドを入力すると、自動的にコマンドを検出することができます。

◆さらに詳しく → http://www.dstorm.co.jp/lw2019/index.html

商品詳細
動作環境

《Win》Intel Core 2またはAMD64(Bulldozer)以上/Windows 7/8.1/10(64bit)/HD空き容量:2GB以上(すべてのコンテンツライブラリのインストールには約3GB必要)/RAM:4GB以上
《Mac》Intelプロセッサ/Mac OS X 10.11以上/HD空き容量:2GB以上(すべてのコンテンツライブラリのインストールには約3GB必要)/RAM:4GB以上
※NVIDIA GeForce 8400シリーズもしくはATI X1600以上
※解像度:1280×800
※インターネット接続環境必須
※動作環境の詳細:http://www.dstorm.co.jp/lw2019/system.html

【インストール条件・購入条件】
●1ユーザにつき、PC1台にインストール可能●購入時に、大学生協組合員証の提示が必要●お1人様1本のみ購入可能(複数本の購入不可)●個人利用●譲渡不可●ダウンロード版のみ(パッケージ版の提供なし)

販売元: ディストーム
URL:http://www.dstorm.co.jp/

関連記事・情報
◆30日間体験版のお申し込みはこちら(メーカーサイト)

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC