• OS OS

Microsoft Outlook 2019

電子メール、予定表、連絡先、タスクなどが 1 つにまとまり、効率的に作業できます。Officeの統合により、OneDrive からの添付ファイルの共有、連絡先へのアクセス、LinkedInプロフィールの表示も可能です。

2019年1月22日より販売開始

Icon os w Icon os m  

組込価格 ¥ 15,984 本体価格 ¥ 14,800

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

商品詳細
動作環境

《Win》SSE2対応1.6GHz以上2コアのプロセッサ/Windows 10(32bit, 64bit)/HD空き容量:4GB以上/RAM:2GB(64bitの場合は4GB)
※タッチ操作を行うには、タッチ操作対応のWindowsパソコンが必要
※画面解像度:1280×768以上
《Mac》Intelプロセッサ/macOSの3つの最新バージョン/HD空き容量:10GB以上(HFS+ ハード ディスク フォーマット)/RAM:4GB以上
※ディスプレイ解像度:1280×800以上
[共通]
※インストールにはインターネット環境および、Microsoftアカウントが必要
※動作環境の詳細:https://products.office.com/ja-jp/office-system-requirements

●電子メールの送受信だけでなく、会議室の予約や会議の出欠管理を、予定表から直接実行可能●タッチ操作対応(対応のデバイスが必要)●ダウンロード製品●ダウンロード後、使用開始時にアクティベーション作業(ライセンス認証)が必要●Windows:Office 言語アクセサリパック(無償)をダウンロードして設定を変更することで、表示言語の変更可能●Mac:インストールされているすべての言語モードで使用可能(OSの環境設定に基づいて動的に変更)

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、同一ユーザが使用/所有している2台までのPCおよびMacにインストール可能(同時起動可能)●ソフトウェアカード形式●永続ライセンス●カードご購入後、12ヶ月以内のアクティベーション(ライセンス認証)を推奨●ソフトカード版やプレインストール製品と、Academic Open License製品を同一のデバイスにインストールすることは、インストール形式が異なるため物理的に不可

販売元: 日本マイクロソフト
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/

関連記事・情報

◆インストール方法につきましては、カードの裏面をご参照ください。


◆他言語で使うには:言語アクセサリパックについて(Windows)
◆Office 365とOffice 2019の違い
 ・各製品の違いについて
◆Office 365またはOffice 2019をPCまたはMacにダウンロードしてインストールまたは再インストール
◆Office 言語アクセサリパックについて
◆Officeで編集言語を追加する、または言語設定を行う
◆同一コンピューターでクイック実行および Windowインストーラーを使ってインストールされたOfficeはサポートされない
◆Outlook ヘルプセンター

【製品のダウンロード、インストール、利用に関するお問合せ先は下記まで】
 オンラインサポート(Answer Desk): https://support.microsoft.com/ja-jp/contactus#
 電話サポート: 0120-54-2244

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC