• OS OS

新・東洋医学辞書V17

東洋医学用語の入力・変換を容易に

2018年2月16日発売

東洋医学専門用語を約85,000語以上収録した変換用辞書ソフトです。おけつ「瘀血」、おうごん「黄芩」、よくいにん「薏苡仁」など一般辞書では変換出来ない用語が一発変換できます。用語解説も強化され、生薬・経穴・漢方処方・読み方辞書など付録も充実しています。最新のATOK・Windows10・macOS 10.13標準の日本語入力ソフトで使えます。

Icon os w Icon os m OF10072  

組込価格 ¥ 11,664 本体価格 ¥ 10,800

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率8%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

東洋医学専門用語辞書


東洋医学専門用語を約85,000語以上収録した変換用辞書ソフトです。東洋医学用語、生薬名、方剤名、経穴名、東洋医学に関係する人名、地名などの熟語や単漢字、さらにWHO準拠の経穴名称・記号の相互変換について、入力中に本の辞書を開くことなく用語の確認ができます。 東洋医学用語を使った文章を作成する際に、変換したい文字が変換できない場面では、「新・東洋医学辞書V17」を使うことで、通常パソコンに搭載の標準辞書では変換できない東洋医学専門用語が変換できるようになります。




処方例と一般用医薬品


5,300以上の処方例を登録しており、処方データの入力を大幅に簡単化できます。健康保険での支払いの対象となる漢方処方には「薬価収載品」の注釈を付記している上、薬価収載品以外の一般用医薬品(処方箋を必要とせず購入できる医薬品)の商品名も収録されています。
※ATOK用には、処方名省入力データも収録




会社別漢方処方の変換


「会社名+処方名(つむらあんちゅうさん、など)」から会社別の漢方処方名に変換し、各会社の組成を参照できます。また、入力は「処方名」「処方名+会社名」「製品番号」(ツムラの場合は「つむら+製品番号」)からも変換可能です。




環境に依存する漢字の補足説明


変換候補の用語の中にOS等の環境により表示できない文字を含む場合に、漢字に関する補足説明が追加されました。 例)『草りょ茹』 補足説目:生薬、「りょ」は「くさかんむり」に閭


◆さらに詳しく ↓ 
  https://www.office21c.co.jp/product_detail.php?productID=153&dd=180205134532

商品詳細
動作環境

《Win》Windows 7/8.1/10/MS-IME JP10/2010/2012/ATOK 2007以上
《Mac》macOS 10.12以上/JapaneseIM(ことえり)/かわせみ/ATOK 2007以上
[共通]HD空き容量:3MB以上(付録用に別途1MB〜150MB)/CD-ROMドライブ(インストール時)
※付録の「生薬電子事典 for ATOK」「経穴電子事典for ATOK」「漢方処方電子事典 for ATOK」のご利用にはATOK2007以降が必要
※「東洋医学読み方辞書」:Windows 7/8.1/10/Mac OS X 10.6.8以上
※動作環境の詳細:https://www.office21c.co.jp/product_detail.php?productID=153&dd=180202164331#ime

●経穴名称・記号の相互変換や日本語で入力した東洋医学用語を英語に変換可能●環境依存文字の補足説明を表示●東洋医学に関連した「漢方処方電子事典 for ATOK」「生薬電子事典 for ATOK」「経穴電子事典 for ATOK」「東洋医学読み方辞書」が付属●「東洋医学読み方辞書」の内容がVer2.0からVer3.0にバージョンアップし、検索用語が23,000語以上追加、合計約83,500語に増強●ユニコードに対応したアプリケーションでのみ入力可能(未対応のアプリケーション上では一部正しく表示されない可能性あり)

【インストール条件・購入条件】
●1ライセンスにつき、特定ユーザ1人の使用に限り、個人所有のPC複数台にインストール可能(同時起動不可)

販売元: オフィス・トウェンティーワン
URL:https://www.office21c.co.jp/

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC