• OS

ArcGIS アカデミックパック

地理情報に関わるあらゆるデータを活用し、空間解析を行い、問題解決、新たな発見、仮説の検証など
さまざまな分析が行えます。

2018年1月1日発売

ArcGIS アカデミックパック

ArcGISアカデミックパックは1年間の期間限定ライセンスです。強力な分析や編集機能を持つArcGIS Desktop Advanced が使用できます。
ArcGIS Desktopには、地理情報の表示、検索、解析、編集、共有機能を有するアプリケーションが2種類あり、ArcGIS Proは、2D/3D対応、直感的な操作、高パフォーマンスなどの特徴があります。ArcMapは従来のGISアプリケーションです。2つのアプリケーションは並行して利用することができます。
また、専門用途に特化したタスクが実行できる「エクステンション」や、3D都市景観モデリングソフトウェア「Esri City Engine」まで使用することができます。
ライセンスにはSmall、Midium、Largeがあり、それぞれ5、50、100のデスクトップライセンスが使用でき、共同作業にも向いています。

良く使われるエクステンション製品

Spatial Analyst

ラスターデータの高度で多彩な空間解析

ラスターベースの空間モデリングおよび解析のための、豊富で強力な解析機能を持っています。既存データからの新たな情報の抽出、空間的な関係性の解析、空間データモデルの構築などが行えます。

3D Analyst

3Dデータの高度なビジュアライズ・解析

多彩な3Dデータモデルの作成や高度な3D解析機能を持っています。
*.dae、*.flt、*.skpなどの形式を持つ3Dモデルをインポートすることもできます

Icon os w E06027X  Small - 5ライセンス(1年間)

組込価格 ¥ 97,200 本体価格 ¥ 90,000

アカデミック

申請書

Icon os w E06027Y  Medium - 50ライセンス(1年間)

組込価格 ¥ 194,400 本体価格 ¥ 180,000

アカデミック

申請書

Icon os w E06027Z  Large - 100ライセンス(1年間)

組込価格 ¥ 388,800 本体価格 ¥ 360,000

アカデミック

申請書

価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴
利用可能なライセンス
ArcGIS アカデミックパック Small Medium Large
デスクトップ製品
ArcGIS Pro Advanced
 (指定ユーザライセンス、単独使用ライセンス)
 【エクステンション】
  ・Spatial Analyst ラスターベースの空間モデリングと解析
  ・3D Analyst 3Dデータモデルの作成や3D解析機能
  ・Network Analyst 交通ネットワーク分析
  ・Geostatistical Analyst 空間データの統計分析
  ・Data Reviewer GISデータの品質管理
  ・Workflow Manager* ワークフローの標準化に
  ・Data Interoperability* データを使いやすい形式に変換
5 50 100
ArcMap Advanced (単独使用ライセンス)
 【エクステンション】
  ・Spatial Analyst
  ・3D Analyst
  ・Network Analyst
  ・Geostatistical Analyst
  ・Tracking Analyst 時系列データの高度な分析
  ・Publisher 配布用マップ ファイルの作成
  ・Data Reviewer
  ・Workflow Manager*
  ・Schematics*
  ・Data Interoperability*
5 50 100
Esri CityEngine Advanced (単独使用ライセンス) 5 50 100
クラウド製品
ArcGIS Online レベル 2 (指定ユーザライセンス) 5 50 100
ArcGIS Online サービスクレジット 2,500 25,000 50,000
サーバー製品
ArcGIS Enterprise Advanced
  【エクステンション】
  ・Spatial Analyst
  ・3D Analyst
  ・Network Analyst
  ・Geostatistical Analyst
  ・Data Reviewer
  ・Workflow Manager*
  ・Schematics*
  ・Data Interoperability*
1 1 1
ArcGIS Enterprise レベル 2(指定ユーザライセンス) 5 50 100
ArcGIS Desktopには、2つのアプリケーション(ArcGIS ProとArcMap)があります。
従来はArcMapのみを提供していましたが、2015年から次世代アプリケーションとしてArcGIS Proが加わりました。ArcGIS Proには、3Dマップへの対応、高パフォーマンス(64bit/マルチスレッド対応)、優れた操作性などの特徴があります。
ArcGIS Pro・ArcMapは付随するエクステンション製品も異なります。
*ライセンスは提供されますが、 日本語環境における動作の保証は行っておりません。

◆PDF

エクステンション

Spatial Analyst


ラスターベースの空間モデリングおよび解析のための、豊富で強力な解析機能を提供するエクステンションです。例では、衛星画像(マップ画面左)から画像分類処理を実行し、人口造成地、森林、農地、水域を表す土地利用図(マップ画面右)を作成しています。







3D Analyst


GISプロフェッショナル向けの多彩な3Dデータモデルの作成や高度な3D解析機能を提供するエクステンションです。環境、都市計画、土木、防災などの幅広い分野で3D GIS解析を行うことができます。









Network Analyst


施設の配置計画、移動時間・距離に基づく到達圏(商圏)解析、車両の配送計画など、交通ネットワークに基づいた空間解析のための新しいフレームワークを提供するエクステンションです。GISに基づく交通ネットワーク解析を必要とするさまざまな分野で適用できます。





Geostatistical Analyst


空間統計学(Geostatistics)に基づいた空間データの補間機能を提供するエクステンションです。さまざまな空間データ分析ツール・補間手法をサポートしており、空間統計学に基づいたより良いサーフェスを推定することができます。





Data Reviewer


GISデータの品質管理に特化したエクステンションです。自動レビューや目視によるレビューによってデータのエラーを検出し、検出されたエラーをArcGIS Data Reviewerで利用可能なジオデータベース(レビューアー ワークスペース)に格納します。このジオデータベースを使用して、品質管理を行います。




Publisher


ArcGIS Publisherを利用することで、ArcMapなどで作成したマップをマップ ファイルにして配布することができます。PMFファイルは 無償のビューアー「ArcReader」で閲覧することができるため、ArcGISユーザーでない方ともArcGISで作成したマップを共有することができます。




◆さらに詳しく → https://www.esrij.com/products/arcgis-desktop/


商品詳細
動作環境

http://pro.arcgis.com/ja/pro-app/get-started/arcgis-pro-system-requirements.htm
※エディションの違い:https://www.esrij.com/products/arcgis-desktop/details/structures/
※動作環境の一覧:https://www.esrij.com/products/all-environments/
※動作環境チェックツール:Can your computer run ArcGIS?

●地理情報および関連情報を統合し、利活用するための一連の機能(情報の可視化/解析、データの作成/管理/出力など)を豊富に提供する高機能GISソフト●直感的な操作で2Dデータから3Dを作成して編集できる「ArcGIS Pro」と、従来より搭載のGISアプリケーション「ArcMap」、さらにそれぞれで利用できるエクステンション「Spatial Analyst」「3D Analyst」「Network Analyst」「Geostatistical Analyst」「Data Reviewer」「Workflow Manager」「Data Interoperabillity」「Publisher(※)」「Tracking Analyst(※)」「Schematics(※)」(※はArcMapのみ)に加え、Esri CityEngine Advanced、誰もがマップを作成・利用できる位置情報ポータル環境のクラウドサービス「ArcGIS Online レベル2」(含まれるサービスクレジットは、Small:2,500/Medium:25,000/Large:50,000)、ArcGIS Enterprise Advancedとそのエクステンションの利用が可能●保守期限内ユーザが利用可能な「ArcGIS Online」の一部機能利用時に消費される仮想通貨「サービスクレジット」の追加も可能(別途有償)

【インストール条件・購入条件】
●デスクトップ製品、クラウド製品、サーバー製品のライセンスパック●教育機関での教育・研究目的での使用限定(下欄【関連記事・情報】の「アカデミックパック同意条項」を参照)⚫︎複数年同時購入も可能(4年以上は別途お見積もり)●ArcGIS Pro:利用時にログインが必要な「指定ユーザライセンス」とインストールするマシンを固定する「単独使用ライセンス」の利用が可能●ArcMap:単独使用ライセンス●Esri CityEngine Advanced:単独使用ライセンス⚫︎ArcGIS Online:指定ユーザライセンス⚫︎ArcGIS Enterprise Advanced:指定ユーザライセンス⚫︎プログラムは保守有効ユーザ向けサポートサイトからダウンロード⚫︎追加サービスクレジットのご注文時は、追加先のサブスクリプションIDが必要(発行より2年間有効)

販売元: ESRIジャパン
URL:https://www.esrij.com/

関連記事・情報
» どんなところで使われているのでしょう??ArcGIS使用事例はこちら(メーカーサイト)
» 標準搭載されたアプリケーション「ArcGIS Pro」とは?(メーカーサイト)
» 21日間利用できる「トライアル版」のお申込はこちら(メーカーサイト)
◆アカデミックパックの同意条項について(メーカーサイト)
◆教育機関向けライセンスの同意条項について(メーカーサイト)
  • ATTENTIONソフトウェアの取扱いやご購入に関する注意事項

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC