• OS OS

学生・教職員個人版 Adobe Acrobat Pro 2017

PDF書類作成、編集ソフトです。Office文章をはじめとするさまざまな形式のファイルを、パスワード設定や編集・印刷の制限をかけたPDFにすることが可能です。スキャンした紙文章を、テキスト認識やゆがみ補正を自動的に実行しながら、検索・編集・画像置き換えなどが可能なPDFに変換できます。

2017年6月16日発売

AD197MH  

税込組価 ¥ 23,540 本体価格 ¥ 21,400

アカデミック

AD197MJ  

税込組価 ¥ 23,540 本体価格 ¥ 21,400

アカデミック

価格は予告なく変更される場合があります。税込組価は税率10%で計算されています。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

あらゆる文書からPDFを作成


Office文書をはじめ、さまざまな形式のファイルからPDFを作成することができます。一度の操作で、複数のファイルをひとつのPDFに結合することもできます。



スキャンした文書からPDFを作成


紙文書をスキャナーで読み込んで、テキスト認識(OCR)やゆがみ補正を自動的に実行しながら、検索および編集が可能なPDFに変換できます。日本語のOCR精度がさらに向上し、紙の文書と同じ体裁のフォントが適用されます。カメラからの画像にも、同様の処理が行えます。



PDFの編集


元文書のレイアウトや書式を保持したまま、PDF上でテキストや画像の編集が行えます。編集機能 が強化されたことにより、WordやPowerPointで設定された箇条書きや文字列の折り返しなども 保持され、より簡単にテキストを編集することができます。


文書の保護


ファイルを開くためのパスワードのほか、編集や印刷、コピーなどを制限するための権限パスワードを設定して、重要文書を安全に配信、共有することができます。
また、「保護されたビュー」(サンドボックス技術)の採用により、万一PDFに不正プログラムが仕込まれていても、重要なシステムやデータにアクセスされるリスクを軽減することができます。


PDF文書への署名


PDF文書・PDFフォームへの署名には、キーボードからの入力やAcrobat 2017が用意したフォントによるサインのほか、画像や手書き入力による署名を追加することができます。
※署名者の認証には、電子メールアカウントやパスワードを用いて行います。



◆さらに詳しく → https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat.html


商品詳細
動作環境

《Win》CPU 1.5GHz以上/Windows Server 2008 R2/Server 2012 R2/Server 2016(64bit)/7/8/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:2.5GB以上/RAM:1GB以上
《Mac》Intel Mac/Mac OS X 10.10/10.11/macOS 10.12/HD空き容量:2.75GB以上/RAM:1GB以上
【共通】DVD-ROMドライブ/解像度:1,024×768以上
※ライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、ブロードバンドインターネット接続および登録が必要(電話からのライセンス認証は不可)
※最新の必要システム構成については、www.adobe.com/go/acrobat2017-systemreqs

●ファイルの比較ツールを刷新し、2つの PDF間の相違点をすばやく正確に検出可能●1つのウィンドウで複数のPDFを開く「タブ表示」●PDF文書をMicrosoft Word、Excel、PowerPoint形式に書き出して再利用可能●Document Cloudの機能を使用し、作業中のドキュメントをクラウドに保存・同期させることで、どのデバイスからでも最新ファイルにアクセスしてコメントや編集、署名が可能

【インストール条件・購入条件】
●個人名での登録が必要●1 OSにつき1ライセンスのみ購入可能●研究者利用(校費)不可●1ライセンスにつき、1人のユーザ使用限定で2台までインストール可能(同時起動不可、2台目は1台目と別の場所にあるポータブルまたはホームコンピュータ限定)●登録ユーザ個人のマシンにのみインストール可能(教育機関所有のマシンへのインストールは不可)●譲渡不可

販売元: アドビシステムズ
URL:http://www.adobe.com/jp/

関連記事・情報
◆無償アップグレードについて

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC