EndNote X7 大学生協版 解説本付きキャンペーン(日本語操作ガイド付)

Icon os w Icon os m YU1003U 組込価格¥ 55,080 本体価格 ¥ 51,000

キャンペーン商品紹介

論文作成支援ソフト EndNote X7

-論文執筆の強い味方-

研究を進めていく上で論文執筆を避けて通れない研究者の皆様より、多くの支持をいただいている論文作成支援ソフトに「EndNote」があります。論文執筆には欠かせない多くの機能を搭載しており、現在のバージョンは17になっています。
また、操作ガイドを見るだけではわからない、研究者ならではの視点に立ったノウハウが詰まった内容でEndNoteの

解説書として定評のある「最新EndNote活用ガイド-デジタル文献整理術第6版」が無料で付属する数量限定キャンペーンを実施中です。目からウロコの活用法が多数掲載されている解説書です。 論文を執筆されるなら、ぜひ、この機会にEndNoteをお使いになってみてください。論文執筆に係るさまざまな手間を大きく軽減することができると思います。

EndNote のさまざまな機能

文献情報の収集

データベースの検索結果や電子ジャーナルから、文献情報を簡単に取り込みすることが可能です。
PDFやExcelなど他のソフトからの取り込みもでき、日本語のデータも扱えます。

■データベース上のリンクをクリックするだけで、文献情報を簡単に取り込み!

■EndNoteの画面上からデータベースを直接検索・そのまま取り込み!

■フルテキストPDFがあれば、EndNoteに取り込むだけでレコード作成
フルテキストPDFを自動取り込みするフォルダを指定可能になりました

 取り込んだPDFのファイル名を論文のタイトルや著者名に自動変更できます。

文献情報の管理

蓄積した文献情報を高度なグルーピング機能でストレスなく管理することが可能です。

1. 既読/未読の区別や、5段階の星マークで重要度を管理

2. レコードを選択すると、添付PDFとレコード詳細が表示

3. ワイドスクリーンでも見やすいようにPDFやレコード詳細を横にも配置
他にも、グループ枠や検索窓の表示/非表示を選択できるなど、多数のレイアウトオプションあり

4. 関連するファイルを1レコードに45個まで添付可能
添付ファイルの名前を変更できるようになりました

 参考文献表を作るときはWordで外国語文献、日本語文献、音源とフォルダ分け保存していましたが、書式を整えることや、並べ替えてまとめることに時間を要していました。また、データベース上で保存しておいた文献情報も複数あったので、それらをまとめ、重複したものが無いかチェックすることに苦労していました。
EndNoteはデータベースから簡単に文献情報を取り込み、一括で管理することができます。殆どのデータベース内にEndNoteへの取込みがあるので、それを押せば入力することなしに情報を取り込むことができます。EndNote内からアクセス可能なデータベースもあるので、そこから直接EndNoteに取り込むことも可能です。重複したデータはチェック機能もあるので、取り除くことができます。
また、取り込んだ文献情報はグループ分けすることが可能です。現在も文献収集をしていますが、グループ分け機能によって文献の量が一目瞭然なので、文献収集をする際の目安にもなり、便利な機能です。

昭和音楽大学大学院 宮崎まりこ様

文献情報の活用

ジャーナルの投稿規定に合わせて参考文献リストを自動作成できます。フォーマットの変更も瞬時に行う事が可能です。

1. ドラッグ&ドロップするだけで文中引用表記と参考文献リストを自動作成 
投稿規程に対応するスタイルがない場合もカスタマイズできるので、和文誌投稿にも活用可能

2. パワーポイントにもアドイン機能が追加されました ※Win版のみ

3. 応する投稿規程は6,000種類以上

4.
連携投稿先のジャーナルが、オンライン投稿・審査システム「ScholarOne Manuscripts」を採用し、「Optima」オプションを使用している場合は、面倒な投稿作業の一部を簡略化でき、さらに便利
※オンライン投稿・審査システムの草分けとして世界で5,000誌以上のジャーナル、500以上の学協会に利用されているシステム

文献情報のシェア

同期機能を利用して最大15名でライブラリを共有することが可能です。
添付ファイルを含めたすべての情報が共有できるので、同じ注釈やメモを見ながら共同研究を効率的にすすめられます。

■ トライアル版もあります

論文執筆をお急ぎの場合は30日間フル機能が使えるトライアル版をご利用ください。試用期間中に正規製品をご購入になり、シリアル番号を登録していただくとそのまま正規版として、引き続きご利用いただけます。トライアル版CDは生協店舗で配布中です。下記URLからダウンロードも可能です。

EndNote 30日間無料トライアル ダウンロードページ
URL:http://www.usaco.co.jp/products/isi_rs/demo.html

ページの上部に戻る

お早めに!数量限定

EndNote X7 解説書付キャンペーン大学生協版 英語版

今ならEndNoteベストセラー解説書「デジタル文献整理術」が付いてくる!

ページの上部に戻る

価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

商品詳細

動作環境

《Win》Pentium 450MHz以上/Windows Vista/7/8.x(32bit, 64bit)/HD空き容量:180MB以上/RAM:256MB以上
※アドイン対応:MS Word 2007/2010/2013(32bit, 64bit)、OpenOffice.org Writer 3、Mathematica 8、PowerPoint 2007/2010/2013
《Mac》Intel Mac 450MHz以上/Mac OS X 10.6.x~10.9.x/HD空き容量:400MB以上/RAM:256MB以上
※アドイン対応:MS Word 2008 SP1/2011、Apple Pages 09、Mathematica 8
※CD-ROMドライブ(インストール時に必要)

●文献情報の収集/管理と論文作成支援のためのソフト●シンクロ機能搭載でどのPCからでも最新の情報へアクセス可能●PubMed等オンラインデータベースや電子ジャーナルから文献情報を簡単に取り込み●日本語入力・表示可能●MS Word上でEndNoteを操作し、論文原稿の文中引用表記と参考文献リストを各雑誌の投稿規定に合わせて自動作成●Unicode対応●日本語操作ガイドおよび日本語サポート付き●「最新EndNote活用ガイド デジタル文献整理術 第6版(2014年発行/著者:讃岐美智義氏)」が無料で付属する大学生協版限定/数量限定キャンペーン

【インストール条件・購入条件】
●1ユーザ、1ソフトウェア、1ユーザ登録での利用限定●ライセンス保持者利用限定でWin/Mac合計3台までインスール可能

販売元: ユサコ
URL:http://www.usaco.co.jp/

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC