• OS

DRA-CAD20 教育版

デザイン、シミュレーション、プレゼンテーション、基本設計、実施設計、申請、施工図作成、維持管理関連業務など、建築の企画から生産、運用までのあらゆる場面をカバーし、さまざまな業種、職種で利用できる設計支援ソフトウェアです。直感的な操作性と高いカスタマイズ性で設計者に応える国産の建築設計CADです。

2021年11月24日発売

KZ300D5  同時購入1〜9本まで(1本あたり)

税込組価 ¥ 41,800 本体価格 ¥ 38,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


KZ300D6  同時購入 10本以上(1本あたり)

税込組価 ¥ 20,900 本体価格 ¥ 19,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

操作性


● フローティングウィンドウ
● パレット・ウィンドウ
● 柔軟な操作体系
● 簡単にPDFや画像、パーツを配置
● 高解像度ディスプレイ対応

高速処理


● DirectXによる高速な描画モード
● マルチコアCPUに対応したレンダリング
● 分散レンダリング
● 複数の図面を効率よく一括処理

互換性


● DWG/DXFの互換性
● JWW/JWCの互換性
● 一括変換機能
● PDFをCAD変換
● 過去のDRA-CAD形式も完全対応

効率的な図面修正


● 文字編集
● 図面管理
● 図面比較
● レイアウト機能
● ドキュメントパレット
● 自動データ保存

建築法規


● 日影計算
● 天空率計算
● 平均地盤面と平均天井高さの算定
● 木造壁量計算とN値計算
● 柱と壁の直下率計算
● 申請用図面作成と計算機能
● トイレの適正器具数算定

図面省力化


● クラウドやモバイルアプリとの連携
● 複数図面串刺し編集
● 求積図自動作成
● 構造図専用コマンド
● 電気設備専用コマンド
● タイル割り付け最適化コマンド
● 3次元モデルと連動した2次元図面
No Image

プレゼンテーション


● 画像ファイル編集・挿入
● 塗りつぶし・ハッチング
● 注釈文字入力
● 平面パース・断面パース
● Google Earthに建物を配置

アニメーション


● ウォークスルー
● レイヤアニメーション
● 日影アニメーション

レンダリング


● レイトレーシング
● フォトンマッピング
● ステレオレンダリング
● パノラマレンダリング
● 分散レンダリング

データ連携


● i-ARMとの連携
● BIMデータの読み込み
● SketchUpデータの読み込み
● 3次元データの書き出し
● 画像を線分に変換
● SAVE-建築連携

オプションコマンド開発


● 柔軟なカスタマイズが可能
● VisualBasicでの開発
● 開発キットの無償提供

クラウド・デバイスとのモバイル連携


● DRA Viewerとの連携
● Google Drive™への読み書き
● Dropboxへの読み書き
● OneDriveへの読み書き

新機能概要



基盤地図情報の活用

国土地理院から入手したJPGIS(GML)データを利用できます。計画地の周辺街区を図面に取り込み、案内図への利用のほか、プランニング時に役立ちます。

動画や写真、WEB情報を加える

図面として表現できない動画を図面に埋め込み、マーカー表示されます。WEBや写真、文字列などの設計情報を、メディアオブジェクトとしてパソコン上でのみ表示できます。

全国56都市の3Dモデルの活用

国土交通省Project PLATEAUで公開されている都市モデルデータ(OBJ形式)を利用して、モデリングに活用できます。周辺建物との調和や影響を、視覚的に分かりやすく表現できます。

リアルなウォークスルー

スロープや段差、階段を昇り降りしながら建物の内部を歩けます。建物の中を実際に歩いているかのような感覚で、施主やクライアントに疑似体験していただけます。

昨日の続きをスマートに始める

DRA-CAD終了時に開いていた図面を、大きさや表示位置をそっくりそのまま、DRA-CADの起動と同時に開きます。作業の続きをすぐに始められます。

矩形変形

長方形から任意の四角形に、図形を変形できます。簡単な操作で、文字や図形をパース風に表現できます。

クラウドをより利用しやすく

OneDrive(ビジネス、パーソナル)に対応しました。出先でもオフィスにいるときと同じようにデータを利用できます。また、Google Drive、Dropboxも利用できます。


DRA Viewerとの連携強化

外出先でモバイルアプリを使って、図面に貼った現場写真を確認できるようになりました。iPhone/iPadに加えて、Android版のDRA Viewerも活用できます。

選択するだけでクイック集計

指定した図形と同じ属性の図形の個数や長さ、面積などをワンタッチで集計して、エクセルなどへ貼り付けられます。図形の数量を簡単に取得して、数量拾いや積算などに利用できます。

より簡単に部品ごとの集計が可能

ブロックやパッケージの名前、シンボルごとに区別して数量集計できるようになりました。ブロック図形で配置している部品や備品の数量を集計して、表を作成できます。

◆新機能について詳しく https://www.pivot.co.jp/product/dracad/digest.html


商品詳細
動作環境

Windows 8.1/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:1GB以上
※OpenGLならびにDirectX 9の機能をサポートできるビデオカードとドライバー
※.NET Framework 3.5もしくは4
※アクティベーション認証が必要
※DVD-ROMドライブ
※動作環境の詳細:https://www.pivot.co.jp/product/dracad/price.html
※Windows 11での動作について https://support.kozo.co.jp/support/disp.php?p1=3617

●面積表や建具表、法規対応機能、構造図作成コマンドを標準装備●PDFデータや画像データをベクトルデータに変換●図面から3次元モデル作成まで同じ操作で可能●ほかの図面の指定レイヤーの入替えやマージ可能●前回終了時に開いていた図面を開いて起動●連続延長カットに「この設定を継続して使用」のスイッチを追加●リボンメニュー「開く」の子メニューに最近使ったファイルを配置●4Kや8Kの高解像度ディスプレイに対応●ユニコードをクリップボードから貼りつけで「文字記入」●動画や画像、リンクを「メディアオブジェクト」として埋め込み●HPや図面に書ききれない情報を格納できる「QRコード」挿入機能●国土地理院の数値地図情報「GML形式の読み込み」や3D国交省3D都市モデル「OBJ形式の読み込み」に対応

【インストール条件・購入条件】
●1ユーザーにつき、1台のPCにのみインストール可能●学生、教員の学習・教育・研究用途にのみ利用可能(商用利用への転用不可)

販売元: 建築ピボット
URL:https://www.pivot.co.jp/

関連記事・情報
◆体験版はこちら(メーカーサイト)
◆プログラムおよびデータ使用許諾契約書はこちら(メーカーサイト)
◆DRA-CAD おすすめ機能(動画)

カテゴリー

アドビ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC