• キャンペーン商品
  • OS OS

Surfer 23 新バージョンリリースキャンペーン

科学者やエンジニアのための等高線、グリッド、3Dマッピング作成ソフトです。流域マッピング作成、属性データサポート、境界線の編集機能、距離測定ツール、テキストデータを数字化などの機能を搭載しています。データに修正を加えることなくXまたはY軸の方向の反転がボタンクリックで可能です。

2022年1月11日発売

  • 英語版
03000106  

税込参考組価 ¥ 75,900 本体価格 ¥ 69,000

アカデミック

申請書

ご注文・問合せ


最新の価格はこちら


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

キャンペーン情報

科学者やエンジニアのための等高線、グリッド、3Dマッピング作成ソフトSurferの新バージョンリリースを記念した、特別価格で購入できる期間限定キャンペーンです。

 【期間】2022年3月31日 大学生協受注分まで
 【対象】Surfer 23 新規ライセンス

【ご注意】
※店舗により営業日・営業時間が異なりますので、詳しくはご利用の店舗にお問い合わせください。
※予告なくキャンペーンが終了することがあります。


お得なこの機会をお見逃しなく!
製品特徴

プロフェッショナルなマップを作成


単純な空間データと複雑な空間データの両方を簡単に伝えることができます。 高品質のマップを作成するツールで、同僚やクライアントなど、さまざまな人々にメッセージを明確に伝えることができます。

マップのタイプ
  •  ● Contour
  •  ● Base
  •  ● Post
  •  ● 3D Surface
  •  ● Color Relief
  •  ● Classed Post
  •  ● 3D Wireframe
  •  ● Point Cloud
  •  ● Drillhole
  •  ● Peaks and Depressions
  •  ● 1-Grid Vector
  •  ● 2-Grid Vector
  •  ● Watershed
  •  ● Grid Value
  •  ● Viewshed

多次元のモデルデータ


3次元空間で見たときのデータをより深く理解できます。Surferの3Dビューアを使用すると、データのあらゆる側面を簡単にモデル化・分析・理解することができます。Surferの2Dと3Dの視点を切り替えることで、データのパターンや傾向を発見することができます。

360°の視点を達成する
  •  ● 真の3D空間でのポイントデータの表示
  •  ● Drillholeデータをポイント、間隔、パスとして視覚化
  •  ● 地図を回転する
  •  ● 表面に沿って歩く
  •  ● 垂直方向の強調を調整する
  •  ● X、Y、またはZ軸を追加して参照フレームを取得
  •  ● カラースケールバーを作成
  •  ● fly-through videoを作成して録画し、他のユーザと共有
  •  ● モデルを3D PDFファイルまたはVRMLファイルに書き出す
  •  ● モデルをJPG、TIF、PNGなどの画像ファイルに書き出す
  •  ● 表示をコピーしてレポートなどに貼り付け

LiDAR Point Clouds


LiDARは、考古学、測量、GISなどの多くの分野で使用されるデータ収集方法です。 Surferの豊富なLiDAR処理と可視化機能を使用して、LiDARのさまざまなデータを活用しましょう。

LiDARポイントクラウド機能
  •  ● 複数のLAS / LAZファイルからポイントクラウドを作成
  •  ● 高度、強度、戻り値、または分類による色の割り当て
  •  ● 対話形式または基準でポイントを選択
  •  ● 選択したポイントを削除、再分類、トリミング
  •  ● 点群からグリッドを作成したり、LAS / LAZに書き出し
  •  ● 3Dビューでデータのすべての側面を視覚化
LAS / LAZフィルタオプション
  •  ● XY境界または標高データ限界に基づく空間フィルタリング
  •  ● N番目のポイントごとにインポートする
  •  ● 必要な戻り値の型または分類値のみをインポートする
  •  ● 指定したSource IDのデータをインポートする
  •  ● スキャン方向、edge of flightまたは合成、キーおよび保留点などのFlagフィルタ

合理化されたワークフロー


ワークフローの合理化により、直感的にさまざまなことができるようなインターフェースに設計されています。

ユーザインターフェース
  •  ● Welcome dialogを起動する
  •  ● マップウィザードを使用して地図やモデルをすばやく作成
  •  ● リボンとクイックアクセスツールバーのカスタマイズ
  •  ● すべてのウィンドウをDockまたはfloat
  •  ● データと地図を表示、編集、操作するためのSingle window
  •  ● 地図やモデルのレイヤーを簡単に管理するContents window
  •  ● クイックフィーチャー編集のためのProperties window
  •  ● raw dataを表示または編集するためのWorksheet window

マップとモデルの強化


Surferは、あらゆる種類のデータを視覚化およびモデル化するためのツールを提供しますが、それだけではありません。Surferの豊富なカスタマイズオプションにより、助成金の申請、クラスでのプレゼンテーション、業界の仲間との調査結果の共有など、複雑なアイデアをわかりやすく伝えることができます。さまざまなカスタマイズオプションを使用して、マップとモデルを強化します。

カスタマイズオプション
  •  ● 凡例、断面、拡大鏡、スケールバー、および複数の軸を追加
  •  ● ヘッダとフッタを含める
  •  ● 線形または対数のカラースケールを適用
  •  ● 傾き、回転、視野角を調整
  •  ● すべての軸パラメータを編集
  •  ● 経緯線または別のグリッドを含める
  •  ● 複数のマップを結合またはスタック
  •  ● カスタムの線のスタイルと色を定義
  •  ● テキスト、線、塗りつぶし、記号のプロパティを編集
  •  ● テキスト、ポリライン、ポリゴン、シンボル、スプラインポリラインを追加
など。

フルグリッドコントロール


Surferは、グリッドファイルを広範囲に制御します。 構造地質学のためのisopach mapsの作成、在庫管理のためのボリュームの計算、地形解析のための派生物の作成、グリッドファイルを使用したサイト適合性モデルの作成などです。 基礎となるデータを理解できます。

Gridの特徴
  •  ● 基礎となるグリッドデータを直接編集する
  •  ● グリッドの体積と面積を計算する
  •  ● グリッドの追加、減算、乗算、除算
  •  ● グリッド上でカスタムの数学関数を実行する
  •  ● 微分積分演算またはフーリエおよびスペクトル解析の計算
など。

Edit Contours


等高線を細部まで細かく編集できます。 SurferのGrid editerを使用すると、基礎となるグリッドファイルをインタラクティブに編集して等高線を素早く調整できます。 ブラシ、ワープ、スムーズ、プッシュダウン、またはグリッドノードの消去を行い、グリッドベースのマップの変更をすぐに確認できます。

  •  ● フリーハンドの輪郭編集を実行する
  •  ● ノード間のブラシ固有のZ値
  •  ● 滑らかな輪郭
  •  ● 特定の領域で輪郭をプルアップまたはプッシュダウンする
など。

オンラインデータへのアクセス


Surferを使用し、世界中の航空写真、オープンストリートマップの画像、世界中のベクターデータ、地形データにアクセスすることができます。
お気に入りのデータサーバーがある場合、またはプライベートデータサーバーにアクセスできる場合は、簡単にアクセスできるように、そのソースへのカスタムリンクを含めることが可能です。

Supported server types
  •  ● Web mapping server(WMS)
  •  ● Open Street Map server(OSM)
  •  ● Web coverage server(WCS)
  •  ● Web feature server(WFS)
  • すべての座標系とシームレスに連携


    Surferは、データを視覚化して価値あるデータに簡単に変換することができます。参照されていないデータや、異なるあるいは複数の座標系に投影されたデータを簡単に管理します。

    Surfer Coordinate System Features
    •  ● 事前定義された2500以上の座標系
    •  ● カスタム座標系を作成する
    •  ● 名前またはEPSG番号で座標系を検索
    •  ● 座標系を再投影する
    •  ● 80を超える楕円体
    •  ● 45以上の事前定義された線形単位
    •  ● 3カスタム線形単位を作成する
    •  ● 経緯線またはグリッド線を追加して、マップ上に異なる座標系を表示
    Surfer 23 主な新機能

    3Dサーフェスマップの改善


    3D表面レイヤーにベースを表示するための新しいメソッドが追加されました。これで、3つの異なるZ値設定を選択して、ベースが表示されるZ値を定義できます。以前は、3Dサーフェスレイヤーのベースがサーフェスからグリッドファイルの最小Z値までの側面を埋めていました。これで、ベースをサーフェスからマップの最小Z値、グリッドの最小Z値、または指定した任意のZ値まで表示するように選択できます。
    Fill the sides of a 3D surface map down to 0, or any custom Z value

    3Dによる数値化


    3Dビューで同じタイプのデータのデジタル化を実行できます。3Dデジタル化はXY座標とZ座標を収集します。この新機能はさまざまな機能で使用できますが、その中のひとつとしてサーフェス上の特定のスポット位置または地下のドリルホールパス上のポイントのXYZ座標を取得する機能を紹介します。
    この新機能は、新しいドリルホールマップでうまく機能します。例えば、3Dで表示すると各ドリルホールの深さで特定の場所をデジタル化できます(表示されたドリルホールデータによって決定されるユニットまたは層序層の上部)。次に、2Dプロットビューに戻り、デジタル化されたXYZデータをグリッド化し、グリッドファイルから既存のドリルホールマップに等高線レイヤーを追加できます。新しいサーフェスは、ドリルホールパスとともに3Dビューにも表示されます。

    Digitize XYZ data by clicking on spot locations in the 3D View

    カラースケールバーとマップスケールバー用の新しいフレーム


    クライアントまたはpeerに提示する必要のあるマップに2つの重要な視覚的魅力の機能を強化し、カラースケールバーとマップスケールバーの周りにフレームを追加してカスタマイズできるようになりました。スケールバーでフレームとテキストの間にマージンを設定し、その塗りつぶしと線のプロパティを定義できます。これは、航空写真などの塗りつぶされたマップの上にカラーまたはマップの縮尺バーをオーバーレイする場合に非常に便利です。

    Create a frame around your color scale and map scale bars, and specify the frame shape, fill and line properties

    警告メッセージと警告のデフォルトの動作を管理


    Surferが意図しないデータ変更の際に表示される警告メッセージの表示を制御できるようになりました。これにより、警告を表示しないなどの設定が可能になりました。
    警告を表示するかどうか、または実行するデフォルトのアクションを指定するかどうかを「File」|「Options command and control」を使用して設定することができます。

    Control the display of five different warnings in Surfer

    グリッドをGeoTIFFとして保存


    マップはいつでもTIFF形式でエクスポートできましたが、グリッドをGeoTIFF形式でエクスポートできるようになりました。画像の色ではなくZ値がTIFFファイルに保存されます。グリッドを保存できる場所ならどこでも、グリッド形式でTIFF画像に保存することを選択できます。

    Save a raster grid file in GeoTIFF format

    マップウィザードの機能強化


    作成可能なマップタイプに、点群マップとピークおよびくぼみマップが追加されました。作成可能なマップタイプに、点群マップとピークおよびくぼみマップが追加されました。これらの拡張機能はマップウィザードから他のマップタイプを作成するのと同じように機能します。

    Create point cloud maps and peaks and depressions maps in the Map Wizard

    グリッド情報へのクイックアクセス


    一般的に使用されるグリッド情報にすばやくアクセスすることが可能になりました。 グリッドファイル自体、そのXYジオメトリ、およびいくつかのZ統計情報に関する情報が含まれていますが、「Info property」ページで、プロットウィンドウのグリッドまたはグリッドエディタのアクティブなグリッドの情報をすばやく確認できます。グリッドレイヤーをクリックし、「Info property」ページを選択するだけで情報が表示されます。「Copy」ボタンをクリックして、この情報をコピーしてプロットウィンドウまたは別のアプリケーションに貼り付けることもできます。

    Select any grid-based layer, and get a quick view of the properties of the grid on the Info page

    新機能について、さらに詳しく https://www.goldensoftware.com/
    商品詳細
    動作環境

    Windows 7 SP1/8/10(32bit, 64bit)/HD空き容量:500MB以上/RAM:512MB以上
    ※画像解像度:1024×768(16bit色以上)
    ※Windows 8はRTを除く

    ●等高線とグリッド編集機能●マップウィザードを使ったマップの作成が簡単●データファイルをベースマップとしてインポート可能●グリッド値を地図上に直接表示●160種類を超えるラインスタイルで見栄えのよいマップを作成●PDFやExcelファイルなどのインポートも可能●作成したグラフはあらゆる角度からの表示やカスタマイズが可能で、論文や学会発表用でのプレゼンテーションを強力にサポート●緯線、経線を自分のプロジェクトマップ上にクリックひとつで表示可能●特定のXY座標からの可視域図の作成●ジオプロセシングツールの充実●何層にも重なったベースレイヤーの検索/検出をすばやく行えるクエリーツール搭載●流域マップは、グリッドファイルからデータを読み込み、盆地や集水地域にグリッドを分割●納品後2週間のインストールサポート(日本語)あり●1年間のメーカー保守(メンテナンスプラン)付き●保守の内容:無償メジャー/マイナーアップグレード、技術サポート(英語)、トレーニングクラスの割引(英語)、ベータバージョンのレビュー●ダウンロード版

    【インストール条件・購入条件】
    ●1ライセンスにつき、2台のPCにインストール可能(同時起動不可、共有不可)●アカデミック版は教育・研究目的の使用に限る●購入時は、教育機関発行のメールアドレスまたは、教職員証もしくは学生証のコピーが必要

    販売元: JUCA, Inc.
    URL:https://www.academic-soft.com/

    関連記事・情報
    ◆トライアル版はこちら(メーカーサイト)
    ◆よくあるお問い合わせFAQはこちら(メーカーサイト)
    ◆サポートファイルの一覧はこちら(メーカーサイト)
    ◆Training Video、Webinarはこちら(メーカーサイト)
    ◆有効なメンテナンスプランをお持ちのかたは、Surfer v23に無償でアップグレードすることができます。販売元:JUCA, Inc.のサイトをごらんください。
    ◆シングルユーザーライセンスをアクティブなソフトウェアメンテナンスを使用して最新バージョンにアップグレード(メーカーサイト)

    カテゴリー

    アドビ
    日本マイクロソフト
    IBM SPSS
    クラウドサービス
    テレワーク関連
    OS/システム関連
    セキュリティ関連
    システム管理関連
    文書・Web作成関連
    グラフィックス関連
    辞典
    フォント・地図/GIS・素材関連
    研究・論文作成支援関連
    数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
    作業効率化
    学習関連

    対応OSアイコン

    •  Windows
    •  Macintosh
    •  Hybrid
    •  Linux
    •  Unix
    •  Android
    •  iOS

    ログイン

    新規会員登録

    ページトップへ

    表示モード
    スマホ
    PC