• OS

MicroAVS V23

本格的な可視化機能、3Dグラフィックス機能を簡単な操作で活用できるデータ可視化ツールです。スクリプト機能で可視化処理を自動化出来ます。終了時の状態を自動保存、容易に再現できる履歴機能も付いています。

2019年12月6日発売

CY101Y6  Standard

税込組価 ¥ 140,800 本体価格 ¥ 128,000

申請書

ご注文・問合せ


CY101Y7  Professional

税込組価 ¥ 195,800 本体価格 ¥ 178,000

申請書

ご注文・問合せ


価格は予告なく変更される場合があります。
インストール条件については、各ソフトウェアの利用許諾書を必ずご覧ください。
学生 マークが付いている商品のご注文はWEBからは出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。

製品特徴

可視化アイコン


データ・タイプによって利用できる可視化手法が異なります。 MicroAVS では、データ・タイプに応じた可視化手法を自動的に判断し、アイコンとしてユーザーに提示することができます。


スクリプト


MicroAVSの操作を専用のスクリプト・コマンドを使って行うことができます。 ファイルの読み込み、可視化パラメータ設定、動画出力をバッチ処理で行えます。 定型処理への利用の他、可視化作業の完全自動化も可能となります。
さらに、Pro版では、ユーザが行った操作をスクリプトに保存してくれる 「スクリプト自動作成機能」を搭載しています。この機能により、スクリプトコマンドを入力することなく、 簡単に可視化プロセスを再現することが可能になります。

操作履歴の保存、保存した操作履歴からのスクリプト自動生成【Professional Edition】


ユーザーが行った操作をスクリプトファイルの形式で保存し、 そのファイルを読み込むことで行った操作を再実行させることができます。
以前行った動作を再実行したい場合だけでなく、 自分でスクリプトを作成する際も、 自動作成されたスクリプトを編集することで労力を軽減できます。


さまざまな分野のデータ読み込み


流体解析、構造解析をはじめとする各分野に対応したデータをサポートしています。 MicroAVS はソルバーのポスト処理ソフトウェアとしての実績もあります。


再現性・効率UPを支援する可視化データベース機能


可視化結果、タイトル、詳細コメントをセットでアプリケーション保存し、専用ビューワー(アプリケーションマネージャ)の一覧表示から選択してクリックするだけでMicroAVSが起動して可視化を再現できます。
また、可視化結果画像(PNG形式)にも可視化情報をタグとして埋め込むことが可能です。可視化結果(PNG画像)から可視化を再現することもできます。


マルチビュー表示【Professional Edition】


Standard Editionでは、可視化結果を表示するビュー(物体の表示窓)を 1度に1つしか開けません。 Professional Editionでは、このビューを複数(最大4つのスレーブウインドウ:マスターと合わせて5つ)開いて、同時観察による比較検討を行うことができます。例えば以下のような利用が可能です。


・1つのデータを異なる方向から同時に観察したり、異なる可視化条件で比較することができます。
・異なる複数のデータを同じ可視化条件で同時に表示し、比較することができます。

Micro AVS v23の主な新機能

近年、ゲリラ豪雨をはじめとした自然災害が発生し、自然現象の原理解明のための解析やデータ観測が盛んに行われています。これらの解析結果や観測結果を評価する際、発生位置や進行状況などを把握するため、標高データや地図などの位置情報を重ねて表示することが多くあります。
今回のバージョンアップでは、日本地域に限定し、標高データや地図などを背景に重ねて表示することができます。
注1:表示できる地域は特定の地域に制限されています。標高データ、地図画像の解像度を変更することはできません。
注2:陰影付の表示は、Ver.22で追加したレイトレーシングの機能を利用しています。

標高データの重ね合わせ

地図画像の重ね合わせ

ベクトルデータ空間間引き機能

背景画像の重ね合わせ


◆ 新機能について詳しく https://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/release/
商品詳細
動作環境

Windows 7/8/8.1/10(64bit)/HD空き容量:700MB以上/RAM:2GB以上
※ OpenGL(OpenGL対応のグラフィクスボードにより高速化)
※コンパイラ:Microsoft Visual Studio 2019(注1)
注1:Professional Edition の 『関数組み込み機能』 で独自関数を作成される場合はC/C++コンパイラが必要(サンプルのみ使用する場合は不要)
※Windows 32bit環境では動作しません。
※動作環境の詳細:https://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/system.html

●Microsoft Excelで作成したデータを直接読み込む機能が強化され、同一形式の連番Excelファイルを1つの時系列データとして読み込みが可能●コンター、等値面、鳥瞰図、ベクトル、パーティクルトレース、ボリュームレンダング、ポイントレンダリングによる高速等数値面等●粒子法などで得られる粒子の移動データに対する豊富な可視化表現●粒子の密度勾配から粒子の法線を計算し、光や影の効果を追加したり、時系列方向に粒子の動きを追って粒子の軌跡を描画可能●BMP/JPEG/GIF/TIF/PS等の静止画、AVI/MPEG/WMV/FLV/MP4の動画として保存可能●再生しながら視点変更が可能な3D動画への出力●主要なポイント間を自動補間するキーフレーム・アニメーション●視点移動経路を自動補間するフライスルー機能●可視化データベース機能で可視化結果の再現・再利用促進●Pro版にはマルチスレッド、マルチビュー機能やExcelマクロ等の外部アプリケーションからMicroAVSをスクリプト制御する機能を搭載●初年度(1年間)の保守付き●保守の内容:Eメールによる技術サポート、最新版にバージョンアップする際の優待価格の適用、および全15章からなる「MicroAVS完全マニュアル」を利用可能⚫︎ダウンロード版

【インストール条件・購入条件】
●1台のPCのみにインストール可能●Windows 32bit環境では動作不可

販売元: サイバネットシステム
URL:https://www.cybernet.co.jp/

関連記事・情報
◆無料評価版はこちら(メーカーサイト)
◆MicroAVS対応フォーマット一覧
◆MicroAVS保守サービスについて(メーカーサイト)

カテゴリー

アドビシステムズ
日本マイクロソフト
IBM SPSS
クラウドサービス
テレワーク関連
OS/システム関連
セキュリティ関連
システム管理関連
文書・Web作成関連
グラフィックス関連
辞典
フォント・地図/GIS・素材関連
研究・論文作成支援関連
数式処理・化学・CAD/CAE・医学・環境/天体関連
作業効率化
学習関連

対応OSアイコン

  •  Windows
  •  Macintosh
  •  Hybrid
  •  Linux
  •  Unix
  •  Android
  •  iOS

ログイン

新規会員登録

ページトップへ

表示モード
スマホ
PC